3密回避の重要性

 

 

3密(さんみつ)とは

3密とは、いわゆる武漢コロナウイルス(COVID-19)に対する時事用語で、「密閉」「密集」「密接」の3要素を総称している。

2020年4月現在、武漢コロナウイルスの集団感染(クラスター)発生を防止するため「外出時に避けるべき場所」を明示し、国や自治体が一体となって呼びかけている指針であり標語(スローガン)でもある。

3密回避の重要性 出典:首相官邸

3密回避の重要性 出典:首相官邸

なお、首相官邸と厚生労働省が作成公開したチラシでは「3密」を次の3項目の略として扱っている。
換気の悪い密閉空間
多数が集まる密集場所
間近で会話や発声をする密接場面

 

これらの3条件が全て揃う場所にいる場合、かつ、同じ場所に感染者が居合わせた場合において集団感染が発生するリスクが高いとしている。
なお、3密が揃わない限りは安心安全という意味でないことは周知の通りであるが、3密すべての要素が揃わなくてもそのリスクは生じるものである。

 

 

 

靖国神社について

靖國神社は明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりです。
明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っております。