領土・主権展示館 北方領土・竹島・尖閣列島

領土*主権展示館

領土*主権展示館

本年2月18日に衆議院第一議員会館で開催された『竹島を返せ!第三回東京竹島の日大集会』で領土議連顧問の細田 博之眾議院議員から勧められた「領土・主権展示館」に行ってみた。

細田議員の話では「以前の施設の7倍を超える立派な施設で、小中学生にも国会訪問の流れでぜひ訪問させたい」とのことであった。しかし、実際「領土・主権展示館」に行ってみてがっかりした。

あまりにも小さな施設で、展示も解説もお粗末そのもの。

政府・自民党が領土奪還と島嶼防衛の国民意識を高める気があるかを疑いたくなる。

児童の社会科見学の場としたいとは演説の中だけの現実性のない話である。集団による児童の学習スペースなどなく、移動の為の観光バスの停車するスペースもない現況でどうやって「領土・主権展示館」における社会学習の為の動線を確保するのであろうか?

こんな施設ならあってもなんの影響も周知の足しにもならない。

部議員の自己満足の施設であり税金の無駄使いに他ならない。

政府よ!自由民主党よ!覚醒せよ!

領土*主権展示館

領土*主権展示館

領土*主権展示館

領土*主権展示館

靖国神社について

靖國神社は明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりです。
明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っております。