村上天皇

村上天皇【第六十二代天皇】

第六十二代天皇 村上天皇

第六十二代天皇 村上天皇

村上天皇御製 

教へおく ことたがはずは 行末の 道とほくとも 跡はまどはじ

康保こうほう4年5月25日(967年)に崩御 されました。

おくりな(御名)・別称】成明なりあきら・天暦帝 
【陵所】村上陵
世系39年、21歳、在位22年、宝算42歳。
誕生 926年7月14日(延長4年6月2日)
醍醐天皇の第十四皇子。朱雀すざく天皇には男子がなかったため、十九歳で皇太子となる。

醍醐天皇の延喜 えんぎに続き村上帝の世も天皇親政が行われ、両治世を聖代として御歴代の天皇は賛美し、又両朝の文化的事績を高く評価する学者や文人により広く一般廷臣の間にまで広まった。
天皇の命により、宮中の梨壺なしつぼ昭陽舎しょうようしゃ)に撰(せん)和歌所が設けられて、
別当に藤原伊尹これまさ寄人よりゅうどには源順みなもとのしたごう・清原元輔・大中臣能宣おおなかとみのよしのぶ紀時文きのときぶみ坂上望城さかのうえのもちきに命じ万葉集の訓点(訓読事業)と「後撰ごせん集」の撰進に当たらせた。寄人の五人は「梨壺の五人」と呼ばれた。