後白河天皇

後白河天皇 第七十七代天皇

第七十七代後白河天皇「天子摂関御影」

第七十七代後白河天皇「天子摂関御影」

神の 家の子 公達きうだち
八幡の若宮 熊野の若王子にやくわうじ 子守御前こもりおまへ
日吉ひえには山王 十禅師
賀茂には片岡 貴船の大明神

「梁塵秘抄 巻二 四句神歌 神分」より

【解説】後白河天皇は「今様狂い」と呼ばれ「梁塵秘抄」という今様歌謡の集成を自ら編纂してしまった。

これは、高名な神々の御子神を並べあげた歌。

若王子は熊野権現の御子神。子守御前は熊野十二所権現のひとつ。

1192年4月26日崩御された。(旧暦では建久3年3月13日)

【陵所】法住寺陵ほうじゅうじのみささぎ

即位28歳、在位3年、宝算66歳。
誕生 1127年10月18日(大治2年9月11日)
諱は雅仁まさひと。別称 行真法皇
鳥羽天皇の第四皇子として生まれ、異母弟・近衛天皇の急死により皇位を継ぎ、譲位後は34年にわたり治天の君(上皇)として二条・六条・高倉・安徳・後鳥羽の5代にわたって院政を行った。

平清盛・源頼朝を翻弄した「日本一乃大天狗」と呼ばれた。