後嵯峨天皇祭

【第八十八代天皇】後嵯峨天皇

第八十八代天皇【後嵯峨天皇】宮内庁蔵『天子摂関御影』より

第八十八代天皇【後嵯峨天皇】宮内庁蔵『天子摂関御影』より

榊とり ますみの鏡 かけしより 

 神の国なる  わが国ぞかし

【通釈】古来神事で榊を取り舞い、真澄の鏡をかけて神を祀って以来、我が国は神国であるぞ。

 1272年3月17日崩御された。(旧暦では文永9年2月17日)

【陵所】嵯峨南陵さがのみなみのみささぎ

即位22歳、在位4年、宝算53歳。
誕生 1220年4月1日(承久2年2月26日)
諱は邦仁くにひと
承久の乱で中立ではあったが土御門つちみかど上皇(父)は四国に移された。1242年事故で四条天皇が十二歳で夭逝ようせいすると、鎌倉幕府の北条時康は順徳上皇系の即位を嫌い土御門天皇の第三皇子の邦仁親王を後嗣として選び即位した。

後嵯峨天皇は朝議を主導する為、4年後に四歳の後深草天皇に譲位され「治天の君」として26年間にわたり院政を行った。