安倍晋三 辞任 後任を考える

安倍首相が辞意を表明し、憲政史上最長の政権は幕を閉じる事となった

伊勢神宮に掲げられている日の丸

伊勢神宮に掲げられている日の丸

一国の宰相の地位は重い。日本国総理大臣には、高邁なる精神と高い見識と冷静で公平な判断を持つ政治家になって欲しいものである(無い物ねだりか)。
非学の我々が軽率に人物評を述べるのは如何なものかとは思うが一言私見を述べさせていただく。
憲法・軍事・外交・経済・環境そしてコロナ対策・・・一つの項目の政策で良し悪しは決められない。しかし日本国の根幹をなす皇位継承に対する姿勢で後継候補を評してみる。

〇 岸田文雄政調会長
皇位継承について「男系天皇の存在は理屈ではなく、長い間、歴史・伝統を守り続けてきた点で大きな重みを持っている」と述べ、父方の系統に天皇を持つ男系の重要性を強調した。まさに正当な主張である。

✖ 河野太郎防衛相
「父方が天皇の血を引かない女系天皇も検討すべきだ」との考えを示した。建国から続く男系を捨て去り、只安定的な皇位継承という国民に受け易い発言はポピュリズムの走狗といえるのでは?

✖ 石破茂元幹事長
「女系だからすなわち駄目だ、という議論にはあまり賛同していない」と述べ皇位継承をめぐって「女系天皇」を前向きに容認。

原発や行政改革に歯にきぬ着せぬ発言で一般自民党員には人気がある様だが、その本質は鉄道や軍事のオタク道一直線。そこまではいいのだが、女系容認と陛下の大御心と民主主義をごちゃ混ぜに考える変人みたいだ。

✖ 野田聖子元総務相

「そもそも女性がだめな理由は何なのか」と述べ、女性天皇が認められていない理由を明確にすべきだとの見解を示した。女だからという理由で許される発言でない、ダメな女性の見本。

? 菅義偉官房長官
従来の政府見解を繰り返し、「慎重かつ丁寧に検討を行う必要がある」と当たり障りのない発言。さすが実務家だが本心は何処に?

明治天皇の玄孫の竹田恒泰氏もSNSやYouTubeで「女系天皇容認なら、それ以外が完璧でもダメだ。日本の総理として相応しくない」とツイートしているが、正に同感である、拍手。
詳しい解説は又別の機会に解説するが、読者諸氏に肝に銘じて欲しい事とは、女系天皇容認論者とは日本民族の道統の破壊者でもあるという重要な事実だ。
まぁ国民の選択ではなく自由民主党の党員の選択で決まる訳であるから何を言っても無駄なのか・・・                        それは無責任か・・・

大墓公阿弖利爲の末裔

靖国神社について

靖國神社は明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりです。
明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っております。