北方領土奪還!反ロシアデー

残虐な赤い独裁者スターリンが率いた旧ソビエト社会主義共和国連邦による国際法も国際信義をも歯牙にもかけず火事場泥棒の様に掠め取った全千島列島及びわが国固有の領土である歯舞・色丹・国後・択捉島をロシア共和国は即時無条件で返還せよ!

ソヒエト連邦赤軍中型戦車

ソヒエト連邦赤軍中型戦車

ソヒエト連邦の当時の独裁者スターリンは支那の毛沢東と共に大粛清・大虐殺繰り返し人民を殺し尽くした人類史上最悪の指導者である。
当然ライバルは毛沢東であるが、毛沢東は馬鹿な政策で人民を餓死させたが、スターリンは収容所で殺し、謀略暗殺で皆殺し、民族ごと消滅もさせた事もある虐殺界のトップスターだ。
それにしても共産主義は残虐な指導者を多く生んだものである。

 8月9日、日ソ相互不可侵条約を一方的に破棄し満州に進撃したスターリンは「これで露日戦争の仇を討った」と嘯き大喜びであったという。
満州建国に夢を託し移住した邦人達は着の身着のままで本土引き上げを余儀なくされた。ソ連軍による進撃・砲撃は、国境を接する町から満州全土・樺太・千島列島に拡がっていった。迫り来た鬼畜ソ連兵により暴行・略奪・強姦・殺戮の阿鼻叫喚の地獄を味わい大陸を彷徨いながら多くの尊い人命が無念の死となった。生き残った者も永年に渡って築いた財産も失い辛酸の人生を生き抜くしかなかったのである。
更に満州国・樺太・千島の我が将兵60数万人をシベリア抑留し強制労働させ6万人が飢えと寒さで亡くなっているという事実を決して忘れては成らない!

靖国神社について

靖國神社は明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりです。
明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っております。