令和弐年七月十二日 靖国神社清掃奉仕活動

皇紀二千六百八十年 

令和弐年七月十二日

靖国神社 正論社清掃奉仕活動

2020.07.12 靖国神社 靖国神社 武漢コロナウィルス禍の張り紙

2020.07.12 靖国神社 靖国神社 武漢コロナウィルス禍の張り紙

2020.07.12 正論社靖国神社清掃奉仕 まずは参拝

2020.07.12 正論社靖国神社清掃奉仕 まずは参拝

2020.07.12 正論社靖国神社清掃奉仕

2020.07.12 正論社靖国神社清掃奉仕

靖国神社について

九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人・軍属等を主な祭神として祀る。

勅祭社で旧別格官幣社。

境内は、桜の名所として知られる他、大鳥居が東に向いている、数少ない神社の一つでもある。

単立宗教法人(単立神社)であるために、神社本庁との包括関係には属していない。

元来は東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)という名称であったが、後に現社名靖國神社に改称された。

招魂社であるので、氏子地域は存在しない。

創建当初は軍務官(直後に兵部省に改組)が、後に内務省が人事を所管し、大日本帝国陸軍(陸軍省)と同海軍(海軍省)が祭事を統括した。1946年(昭和21年)に、日本国政府の管理を離れて東京都知事の認証により、宗教法人法の単立宗教法人となった先の大戦を含め英霊が眠る聖地である。

2020.07.12 靖国神社清掃奉仕  全愛会議の皆さんのお姿も久しぶり

2020.07.12 靖国神社清掃奉仕  全愛会議の皆さんのお姿も久しぶり

2020.07.12 靖国神社清掃奉仕  全愛会議の皆さんのお姿も久しぶり

2020.07.12 靖国神社清掃奉仕  全愛会議の皆さんのお姿も久しぶり

2020.07.12 靖国神社清掃奉仕  全愛会議の皆さんのお姿も久しぶり

靖国神社について

靖國神社は明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりです。
明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っております。