二条天皇

二条天皇【第七十八代天皇】

第七十八代天皇 二条天皇

第七十八代天皇 二条天皇

二条天皇御製 

 などやかく さも暮れがたき 大空ぞ

   わが待つことは ありと知らずや

永万元年(1165年)7月28日に崩御 されました。

 

【御名】守仁もりひと
【陵所】香隆寺陵
即位15歳、在位7年、宝算23歳。
誕生 1143年7月31日(康治2年6月18日)
崩御 1165年9月5日(永万元年7月28日)
雅仁親王(後の後白河天皇)の長男として御生まれになられる。音楽を好み、琵琶に精通され、和歌に秀でられた二条帝であった。
後白河天皇の弟覚性法親王のいた仁和寺に入り仏道を修行され、父の即位とともに還俗、皇太子となられ、三年後の1158年(保元3年)後白河天皇から譲位され即位され天皇となられた。しかし翌年「平治の乱」が勃発。乱後に後白河院政派と二条天皇親政派の父子対立が激しく困難の政局であられたが、英明の帝は根気強く実権を掌握された。しかし、本格的な天皇親政をはじめようとしました矢先、病気のため23歳の若さで崩御されてしまった。以後平清盛に実権を握られることになった。