神の創造と日本のあり方

創造は常に「天津神の命もちて」行われる。我見の自力によって行われるのでなく、常に一層高きもののみこころになり「承詔必謹、みことのりをうけてはかならずつつしむ」の心にて行われるのが日本精神である。

日の丸 君が代

日の丸 君が代

「中心」に統一された有機的生命体としての「日本のあり方」は、単なる部分に分割されて部分が主となる民主政治となったのである。しかし、かくて成就されたところの物質的せいかは、もしそれに「大和の精神」が注ぎ込まれなければ、それは闘争のための道具となるにすぎない。

北面武士