社民党の「可愛すぎる市議」が政界引退宣言

社民党の「可愛すぎる市議」として有名だった東京都八王子市議の佐藤あずささん(34)がこのほどフェイスブックで政界引退を宣言した

佐藤あずさ八王子市議  佐藤あずさHPより

確かに佐藤市議は写真で見る限り、アイドル顔負けの若顔の美形である。

この美形市議がなぜ突然引退宣言をしたのか?

よく調べてみると
支持者からの「攻撃や依存異様な執着心」が原因であることがわかった。

それも「敵対する党派からの直接的な嫌がらせはほとんどなく」自分を支持しているはずのリベラル」「左派」「市民派」と称する50代から70代の男性がほとんどだったという。

私が想像するに、いわゆる「左翼」の老人たちは社会的に受け入れられない人が多く、アイドルのような佐藤市議を自分の所有物のように考えてしまうのではないだろうか?つまり、美人で可愛いいので、特に執着心が強くなってしまう。

ちなみにファンからの通信には「娘」扱いしているものが多かったとか。

だけど、政治家を志す以上、こんなことは日常茶飯事。

それに「耐えられない」のであればやはり引退した方がいいかも…

        
北面武士