日本大学フェニックス反則タックル問題

日大と関西学院大とのアメリカン・フットボール定期戦で、日大選手が危険タックルをして相手側選手に負傷させた問題は、その後問題が拡大している。29日には、関東学生アメリカン・フットボール連盟は、日大の内田正人前監督と、指示を伝えた井上奨前コーチをいずれも永遠追放に当たる除名処分にする決定をした

日本大学フェニックス反則タックル問題 試合会場の調布市アミノバイタルフィールド

日本大学フェニックス反則タックル問題 試合会場の調布市アミノバイタルフィールド

これで問題が収束するのかどうかはさだかではないが、いずれにせよすっきりしない事件ではある。

問題の核心は、果たして内田正人監督からそうした指示があったのかどうかである。内田監督がそれを否定するから問題が大きくなった。

しかし、客観的に見れば、指示があったというのが当然だろう。

問題の選手が、明確な指示も無しに危険タックルをすることはないのだから。

このような当たり前の論理を「自分は指示していない」と否定することでかわそうとする心情が情けない

最近の日本人には、かつての正々堂々とした武士の気風が失われているのだろうか?情けない限りではある・・・

             
北面武士