日本における天皇と国民の関係

 

神武天皇版画。月岡芳年作

神武天皇版画。月岡芳年作

他国における「征服者としての君主」「被征服者としての国民」の関係にあるのではない。日本における天皇と国民の関係は、明治天皇の和歌にあるように、「罪あらば我をとがめよ天津神、民はわが身の生みし子なれば」に現れている。
君民一体、親子一体の関係における天皇主権である。それは君民一体なるがゆえに天皇主権は同時に主権在民なのである。つまり天皇の名において政治が行われるのは、実際は国民が政治を行うのである。

 

北面武士

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)