支那による香港の終わり法の導入にトランプ大反発!

シナが香港に対して本土の「国家安全法」の導入を決めたことに、米国のトランプ大統領は反発し、関税などこれまで香港に認めてきた優遇措置を見直すと表明した。

国連総会で演説したトランプ氏 UN Photo Cia Pak

国連総会で演説したトランプ氏 UN Photo Cia Pak

またシナ寄りの態度を改善しない世界保険機構(WHO)に対しても脱退を宣言した!
言うなれは、これはシナに対する新冷戦の宣戦布告と考えて良いだろう。よういならざる事態になったもんだ。
トランプ大統領の決意に対して欧州の国々の対応は賛否両論であるが、日本政府の対応は「深く憂慮している」と、相変わらず煮え切らない。この国には意志があるのだろうか?

北面武士