浅草弾左衛門所縁の地を歩く ⓶ 本龍寺

平成の御代も終わりを迎えるこの現代にあって現在進行形で存在する同和部落差別問題。悪弊であり迷信である事は明白である。人の心の中に棲む魔が生んだおぞましき産物なのか、時の施政者の民衆統治の生贄であったのか?

臨川山本龍寺門前の仏旗

臨川山本龍寺門前の仏旗

長吏頭・浅草弾左衛門は、二十八座の遊芸者・工業者等を支配に置いていた。

長吏たちの主な仕事は、斃牛馬の処理、その結果手に入る皮などの加工、太鼓や武具など様々な革製品の製造販売、刑吏・捕吏・番太・山番・水番などの下級官僚的な仕事、草履・雪駄作りとその販売、灯心などの製造販売、筬(高度な専門的技術を要する織機の部品)の製造販売・竹細工の製造販売など、多様な職業を家業として独占していた。また祭礼などでの清め」役や「清め」と「勧進(興行)」が一体の各種芸能(舞々、猿楽、獅子舞、猿曳)などを支配し、現代では伝統の家門として名家とおごる江戸歌舞伎の諸家も元は河原乞食と呼ばれ弾左衛門支配下であったのであるから皮肉なものである。

因みに歌舞伎十八番の一つ「助六」は、市川團十郎 (2代目)が弾左衛門支配から脱した喜びから制作したものであるそうだ。

真宗大谷派寺院 本龍寺門柱

真宗大谷派寺院 本龍寺門柱

臨川山本龍 「立ち葵」の家紋

臨川山本龍 「立ち葵」の家紋

臨川山本龍本堂

臨川山本龍本堂

臨川山本龍本堂 山号の扁額(扁額の家紋は抱き茗荷)と双龍の鏝絵

臨川山本龍本堂 山号の扁額(扁額の家紋は抱き茗荷)と双龍の鏝絵

臨川山本龍 名匠田村恵稔の双龍の鏝絵

臨川山本龍 名匠田村恵稔の双龍の鏝絵

※鏝絵(こてえ)とは、古くは高松古墳、法隆寺の金堂の壁画にあり歴史は古い。左官職人が漆喰(しっくい)を鏝(こて)を使い描く漆喰装飾の技法である。

江戸期に立体感を持つ芸術に昇華させた。

臨川山本龍 「立葵」御紋が入っている天水桶

臨川山本龍 「立葵」御紋が入っている天水桶

臨川山本龍 手水場

臨川山本龍 手漕ぎの手水場

臨川山本龍 龍の手水

臨川山本龍 龍の手水

手水舎吐水口の味のある龍は、弾左衛門が幕府から帯刀・籠の使用を許されていたことに関係しているのか? そてとも白山信仰の象徴である菊理姫(ククリヒメ)が龍神様と仲良しな神様だからなのかとフト考えてしまった。

本龍寺にある弾左衛門の墓には「矢野氏墓」と刻まれてあり、墓碑には1960年4月没の15代目の子孫まで全員が矢野姓で記されている。

臨川山本龍 矢野氏代々の墓

臨川山本龍 矢野氏代々の墓

歴代弾左衛門

以下は歴代弾左衛門の生没年ではなく在職期間である。

1. 弾左衛門集房
2. 弾左衛門集開( -1617年)
3. 弾左衛門集道( -1640年)
4. 弾左衛門集蓮(乗蓮)( -1669年)
5. 弾左衛門集誓(乗誓)(1669年-1709年)
6. 弾左衛門集村(1709年-1748年)
7. 弾左衛門集囿(1748年-1775年)
8. 弾左衛門集益(1775年-1790年)
9. 弾左衛門集林(1793年-1804年)
10. 弾左衛門集和(1804年-1821年)
11. 弾左衛門集民(1822年-1828年)
12. 弾左衛門集司(弾譲)(1829年- 1840年)
13. 弾左衛門集保(弾直樹)(1840年-1868年)

※集房と集開は同一人物と言われる。

臨川山本龍 矢野氏代々の墓

臨川山本龍 矢野氏代々の墓

臨川山本龍 矢野氏代々の墓

臨川山本龍 矢野氏代々の墓

※ 浅草弾左衛門支配の二十八座

座頭、舞々、猿楽、陰陽師、壁塗、土鍋師、鋳物師、辻目暗、非人、猿曳、弦差、石切、土器師、放下師、笠縫、渡守、山守、青屋、坪立、筆結、墨師、関守、獅子舞、蓑作り、傀儡師、傾城屋、鉢扣、鐘打。

それに準じて、夙、散所、陰陽師、梓巫女、神事舞、田楽法師、猿楽、放下師、遊女、白拍子、傾城夜発、傀儡女、飯盛女、越後獅子、願人僧、俳優、浄瑠璃芝居、踊、観物師、舌耕、術者、弦売僧、高野聖、事触、偽造師、狙公、堂免、俑具師、刑殺人、青楼、肝煎、勧進比丘尼、犬神、男色、神結、伯楽、盲目、放免、浄瑠理語、妖曲歌、浮浪、行乞、乞食、伎丐、丐頭、難渋町、番太、熅房、穢多、皮細工。

臨川山本龍 矢野氏代々の墓

臨川山本龍 矢野氏代々の墓 歴史を思い感じながらお参りさせていただきました

臨川山本龍 矢野氏代々の墓

臨川山本龍 矢野氏代々の墓

臨川山本龍 満蒙開拓民慰霊碑

臨川山本龍 満蒙開拓民慰霊碑

※満州第一次武装(試験)開拓団 弥栄村
満蒙開拓の先駆けとなった弥栄村とは、昭和7年に満州での移民による開拓の是非を問うため黒竜江省への試験入植であった。
抗日ゲリラや土地を奪われた現地民の襲撃からの防衛ため武装移民団たなった開拓移民。

【関連寄稿】
※浅草弾左衛門所縁の地を歩く ① 白山神社

http://ishin.biz/seironsya/%e6%b5%85%e8%8d%89%e5%bc%be%e5%b7%a6%e8%a1%9b%e9%96%80%e6%89%80%e7%b8%81%e3%81%ae%e5%9c%b0%e3%82%92%e6%ad%a9%e3%81%8f%e3%80%80%e2%91%a0%e3%80%80%e7%99%bd%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be