正論社が贈る実践外国語講座 ~タガログ語編~

我々、”日本の国体を守る会正論社”では、ボランティア活動の一環として靖国神社清掃奉仕活動や千葉縣護国神社清掃奉仕活動、海外戦没者遺骨収集事業を行っています。

海外遺骨収集事業は、南方諸国でも主にフィリピン共和国にて活動を地道に行っています。

フィリピン共和国の公用語は、フィリピノ語とよばれるもので、実質的にはタガログ語と同じ言語のほかに、英語が公用語として使われています。

語学勉強(?)の一環として、ときおり世間ではフィリピンパブと称するお店にて、タガログ語の指導を受けている同志もいますが、個人指導より高いお金を支払っていることはゆうまでもありません。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、日常的な会話も習得出来れば、現地ガイドを通じて戦没者海外遺骨収集もスムーズに行えることですし、お店での会話もはずむこととなるでしょう。

タガログ語の挨拶

タガログ語の挨拶に関しては、基本的に相手から挨拶をされたら同じ言葉でオウム返しで対応しても十分に通じるそうです(弊会同志談)。

朝と夜の挨拶は、

おはよう   マガンダン ウマーガ  Magandang umaga

こんばんわ  マガンダン ガビ    Magandang gabi

になりますが、語尾にpo(ポ)を付け加えれば丁寧な挨拶になります。

例:マガンダン ウマーガポ  Magandang umagapo

 

タガログ語の挨拶でこんにちはは3種類あり、英語のハロー(Hallo)と同じように、朝から夕方までつかえる挨拶は、
マガンダン アラウ  Magandang araw 

になります。
単語のaraw(アラウ)は、太陽や日を意味しているそうです。

おなじこんにちはでも、
マガンダン タンハーリ  Magandang tanghali
は、どちらかといえば正午の時間で、
マガンダン ハーポン   Magandang hapon
は、夕方の時間帯で使い分けをするようです。

女性と会話するときに必須

もしかしたら、駅前留学(フィリピンパブ)で素敵な出会いがあるかもしれません。
さくっとグスト キタ Gusto kita(あなたが好き)とか、
グスト キタン マキタ Gusto kitang makita(君に会いたい)とかを照れずに言えるようになってみたいものですね!

覚えてみたら実践にトライしてみましょう!

わたしは独身です

ワラ アコン アサワ  Wala akong asawa


恋人はいるの?

マイ ノビヨ カナバ  May nobyo ka na ba?


どんな男性が好きですか?

アノン  グスト  モ サ ララーキ?

Anong gusto mo sa lalaki?


あなたが好きです

ゲスト キタ      Gusto kita


あなたを愛してる

マハル キタ      Mahal kita


今、何をしているの?

アノ ナ ギナガワ モ  Ano na ginagawa mo?

アノ ナ ギナガワ モは、久々の相手に尋ねるときの挨拶になります。

久々に会うフィリピーナに語りかけてみると驚くかもしれませんよ♪


監修:だでぃー