正論社が贈る実践外国語講座 ~中国風俗編~

正論社が贈る実践外国語講座 ~中国風俗編~

はじめに断らせていただくが、政治や思想の問題が絡むと色々と面倒臭くなってしまうので割愛させて戴きたい。

このコラムでは、現地において諸兄が視察や研修と称した夜遊びで玉粋しないよう、日本の国体を守る会正論社が啓蒙啓発の意味で掲載してみたものである。

同志諸兄が敵陣へ突撃を試みた体験談などの各々の結果については、コメントに是非投稿して戴きたい。

KTVとは

中国でも代表的な都市である上海では、常時10万人以上の日本人が暮らしており、長期駐在もいれば、短期の出張ベースでも上海に行くサラリーマンも多いものである。

海外勤務の日本男児が何万人も暮らしているとなれば、人的交流の場として遊び場も必要となるのは当然のことであり、日本のようにキャバクラやカラオケボックスなるものが上海にも多数存在する。

KTVとは、Karaoke TV(カラオケ・テレビ)の略語で、日本でいうカラオケボックスのことである。

中国のKTVなる場所は、日本で営業している大型店舗以上にホールの面積がバカでいだけでなく、店の造りも立派であれば、店内の内装もさながら高級ホテルのロビー以上である。

中国のKTVは、主に中式KTVと日式KTVの二種類のカテゴリーに分けられるが、そのほか韓式KTVや欧式KTVなどもある。

中式KTVと日式KTVの大きな違いは、服務員の小姐(ホステス)がつくかつかないかの違いである。

中式KTV

中式KTVは、主に中国人客を相手にする店であるから、建物や内装は中国人好みのケバケバさでド派手である。

店舗の規模も大小はあるが、家族や仲の良い朋友など身内だけで遊ぶところで、量販式といわれるカラオケボックスである。

日本のデンモクと違って使い勝手が良い

日式KTVとは?

日式KTVは、簡単にいえば日本でいうキャバクラの個室VIPルームでホステスと飲んだり騒いだりするのと同じようなものである。

接待などで使われる店では、まずはじめに案内された個室で待っていると、小姐(ホステス)達が『ニーハオ』と、大人数で部屋に入って来くるので、その中から自分好みの小姐(ホステス)をチョイスして、飲んで歌ってお姉ちゃん達とさいころゲーム(吹牛:Chuīniú)なんかで騒いで馬鹿騒ぎができる場所である。

システムについて

日式KTVのシステムは、

○ ボトルキープ     900~1500元

○ チャージ 1人あたり 250~350元

なお、シンプルなツマミの類いはチャージ(セット料金)の中に含まれている事が多い。

基本的に店に支払うのはこれのみで、日本のキャバクラの違って時間の制限は無い。

店にボトルが入っていれば、チャージだけでよいので、人民元のレートが安かった頃は支払が安くできた。
ただし、絶対に忘れてはならないのが小姐(ホステス)に対するチップである。
日本のキャバクラとは違って、客1人に対して小姐(ホステス)1名づつ付くマンツーマンになるので、彼女等へ渡すチップが1人あたり300~500元となる。

一人で小姐(ホステス)を何人も指名して並べるとハーレム状態になって優越感に浸ることができるが、それなりにチップ代がかさむので余りおすすめすることができない。

余談であるが、筆者の知人はフィリピンパブでいつも4~5人ホステスを指名するが、支払の段階になると値切り交渉で騒いでいるので、端から見てもみっともないのでやめて欲しい。

女の子の選び方

およその日本の風俗産業では、キャバクラやソープランド・ピンクサロンなどでは在籍する写真で女の子を選んで好みの指名する写真指名がほとんどであるが、日式KTVによっては、女の子の現物を見て指名することが可能である。

日式KTVでもチップ制のお店では、自分の好きな女の子を自分で指名して選ぶことが可能だ。
女の子を指名する場所も、店のフロアやステージ、個室であったりと多種多様である。
ウエーティングしている女の子の人数も、大型店に行けば常時100〜300名程度の場合もざらではない。

規模の小さい店では、個室で席についた後にボーイが小姐(ホステス)達を4~5人部屋に連れてくるくるので、お気に入りの女の子をその場で指名できる。

大型店では在籍している小姐(ホステス)が多いので、個室に20人の小姐(ホステス)がくるので、その中からお気に入りの小姐(ホステス)を選ぶことになる。

日式KTVは、日本のキャバクラみたいに客が4~5人で行くと席に着いたホステスが2人しかつかなかったということもなく、マンツーマンで接客してくれる。

日本のキャバ嬢は、客に対して『諭吉、諭吉』とチップをせがんで連呼したりするが、日式KTVの場合、もとよりチップ制なので、小姐(ホステス)に対するチップは必ず支払わなければならないが、チップの相場は一人あたり200~300元である。

どのような酒があるのか?

日式KTVで働く小姐(ホステス)達は、基本的には梅酒や焼酎、ウイスキー、ブランデー、ワイン、スパークリングワインのキックバック率の高いお酒をオーダーすることが多いようである。

このあたりは、日本のボッタクリ・キャバのキャバ嬢がやたらとドンペリを勧めたり飲みたがることとなんら変わりが無い。

女の子のテイクアウトは可能か?

日本のキャバクラで飲んでいても、席に着いて接客した女の子をテイクアウトして持ち帰りたいという欲望はおありであると察する。
このような流れは、当然中国のKTVでも同じ欲望が出てきてもおかしくない。
しかし、中国では当局の監視が厳しいので、店にきいてみても、厳しい口調であしらわれてしまうのが現状であるが、店側も男心を察しているのか「店は関与しないので、値段交渉は女の子と個別に相談してくれ」と返答される。
このあたりは、日本の某○○新地あたりの自称料亭と同じような感じである。

なお、中国では、結婚していない男女がひとつの部屋にいることは違法となる。
当局がホテルの部屋へ突入したとき、その場に服を脱いでいない男女がいて話をしていても、中国当局は売春・買春とみなしその場で逮捕となってしまう。

パクられて日本人であると判ったら、厳しい取り調べの後に罰金(日本円で60万円前後)を徴収され国外退去となってしまうので、くれぐれも注意して戴きたい。