朝鮮問題を考える Ⅰ

反日感情とは、嫌い憎み恨むことが感情をこえ、宗教やイデオロギーにまで達している

 

ギュスターヴ・ドレによるダンテの『神曲』地獄篇の挿絵 地獄の最下層にいる悪魔大王を描いている

ギュスターヴ・ドレによるダンテの『神曲』地獄篇の挿絵 地獄の最下層にいる悪魔大王を描いている

近くて遠い国、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国という名の朝鮮半島国家。

韓国は自由主義国家群の友好国のはずなのだが、相容れることは不可能に近い民族性を持つ国家のようだ。

日本であまり知られていないが「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」という世界に類を見ない法律まであるのだ。

韓国社会では、親日派のレッテルが張られてしまえば逮捕されたり財産を没収されてしまう不条理な蛮行がまかり通っている。

日本にシンパシーを感じる者も袋叩きになるから表では反日を唱える。

日本の文化や社会に心の内で憧れや共鳴はするが、言動は反日の選択しかない。

韓国にとって日本は、キリスト教で言えば悪魔(サタン)であるから滅ぼす以外の選択はない存在なのである。

その反日ポピュリズムを先導しているのが韓国マスコミである。

繰り返す反日プロパガンダ。「捏造された慰安婦問題」「日本統治時代の文化・文物」「旭日旗」「豊臣秀吉の朝鮮征伐」そして「スポーツ日韓戦」まで反日扇動のツールとして使われている。

韓国は許すことは決してないが「反省しろ」と言う。

反省したら、次は賠償。

そして更なる反省。

そして賠償。

永遠に続く無間地獄である。

 

しかし、近年になり、序序ではあるが「反日言動」に疑問を持つ若者が現れている。

インターネットの掲示板やブログにより、マスコミ情報の嘘や自分たちの知らない真実を知り衝撃を受けている若者がいるのはせめてもの慰めである。

 

奥羽列藩同盟尊皇の末裔

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • 神州不滅

    奥羽列藩同盟尊皇の末裔 同志、ご寄稿有難うございます🇯🇵🙏 🇰🇵朝鮮民主主義人民共和国と🇰🇷大韓民国の半島民族とは、断交をせざるを得ませんなぁ… 「インターネットの掲示板やブログにより、マスコミ情報の嘘や自分たちの知らない真実を知り衝撃を受けている若者がいるのはせめてもの慰めである…」ようだが、🇨🇳支那のようにネット社会も規制・統制されるかもしれない様相では…⁈

    2019年1月13日 3:27 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

愛国心の欠片もない投稿は一切無視されますのでご注意ください。(スパム対策)