後藤修一遺稿集「漫画の手帖」編 我がオタク人生に悔いなし」

後藤修一氏遺稿集 「漫画手帳」編 我がオタク人生に悔いなし

後藤修一氏遺稿集 「漫画手帳」編 我がオタク人生に悔いなし

後藤修一遺稿集「漫画の手帖」編 我がオタク人生に悔いなし」が届いた。正に後藤さんらしい本の表紙に仕上がっている。見事!

後藤修一氏のイメージそのもののアニメ風後藤修一氏

後藤修一氏のイメージそのもののアニメ風後藤修一氏

後藤修一氏は昭和27年生まれ、享年66歳であった。横浜市出身。昭和45年11月25日あの三島事件に衝撃を受け行動を起こした。まだ高校生であった後藤修一氏だが翌昭和46年1月に日本学生同盟(日学同)の高校生組織である全国高校生協議会(全高協)に加入された。以来日学同、三島由紀夫研究会、そして日学同を母体として結成された重遠社に籍を置き、趣味のアキバ文化をこよなく愛しながらも、一貫して三島由紀夫先生の憂国の精神を継承する運動に挺身された方である。
歴史考証。ヒトラー(ドイツ現代史)研究家。全国高校生協議会世話人。日本学生同盟世話人。政治結社重遠社国際局長。三島由紀夫研究会幹事。憂国忌実行委員。国防問題研究会幹事。軍事史学会会員。ドイツ行進曲愛好会会長。元日本郷友連盟常務理事。元日独協会青壮年委員会副委員長。

さぞかし天国で喜んでいる事でしょう。後藤さんの冥福を心よりお祈りします。合掌

三島由紀夫研究会の玉川先生からの添え状

三島由紀夫研究会の玉川先生からの添え状

 

amazonによる作品紹介
歴史・軍事・SF・文学・音楽・映画・人形・アイドル・漫画・アニメ等、幅広い関心と知識で、オタク文化の全てをマニアとして生涯愛好し続けた。
温かい笑顔で、偉人巨匠から変人奇人まで、数多の人々と、主義主張の壁を超えまさに〈万人に愛された男〉がミニコミ誌「漫画の手帖」に長年連載していた貴重なエッセーを再編集して41編収録!

靖国神社について

靖國神社は明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりです。
明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っております。