南朝所縁の建武神社に参拝

「建武新政」から名をつけられ後醍醐天皇や護良親王・楠木正成をはじめとする南朝の忠臣を祀っている建武神社に参拝した。

2019.05.25 建武神社

2019.05.25 建武神社

後醍醐天皇による「建武新政」から名をつけられた建武神社。
現在、建武神社は白金氷川神社の境内社になっているが、上大崎に創建された建武神社を移築・遷座したものである。

創建由緒は「建武中興」六百年を迎え、昭和8年(1933年)吉野朝関係の御祭神を祀る官幣社15社の宮司が相謀り、後醍醐天皇始め奉り、後村上天皇・長慶天皇・後亀山天皇の聖業を仰ぎ奉り、忠臣の英霊を奉斎することを決議した。

そして昭和11年に建武義会が創立され、品川区上大崎中丸に社殿を建立し建武神社と名付けられたのである。

神社は三殿からなり、中央は流れ造り、左右は春日造りであった。

中央殿を後醍醐天皇・後村上天皇・長慶天皇・後亀山天皇を祀る御神霊遥拝殿とし、左殿には護良親王(大塔宮)・尊良親王・宗良親王・恒良親王・懐良親王・良成親王を、右殿には南朝の忠臣百六十二柱を奉斎した。

残念なことに現在は春日造の社殿2棟のみである。

中村武彦先生も乃木神社の前に楠公祭をここで執り行っていたそうである。

2019.05.25 建武神社がある白金氷川神社の階段

2019.05.25 建武神社がある白金氷川神社の階段

2019.05.25 建武神社がある白金氷川神社の鳥居

2019.05.25 建武神社がある白金氷川神社の鳥居

2019.05.25 白金氷川神社の本殿

2019.05.25 白金氷川神社の本殿

白金氷川神社
【御祭神】 
素盞鳴尊(すさのおのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
櫛稲田姫尊(くしいなだひめのみこと)

2019.05.25 白金氷川神社の狛犬阿形

2019.05.25 白金氷川神社の狛犬阿形

2019.05.25 白金氷川神社の狛犬呍形

2019.05.25 白金氷川神社の狛犬呍形

2019.05.25 建武神社 門柱

2019.05.25 建武神社 門柱

2019.05.25 建武神社

2019.05.25 建武神社

2019.05.25 建武神社

参考資料:有馬良橘伝

靖国神社について

靖國神社は明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりです。
明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っております。