大船渡市立末崎中学校に対する問合せの報告

先日の寄稿文で問題にした、岩手県大船渡市の末崎中学校で教えられているコンスと呼ばれる朝鮮式お辞儀の作法の真偽を問うため、電話による事実確認をした途中経過を報告させて頂きます。

大船渡市高台からの眺望 大船渡市HPより

大船渡市高台からの眺望 大船渡市HPより

 

 校長が不在の為「ぬのたみつぐ」先生とインターネット上で問題視されている朝鮮式お辞儀についての経緯についての電話で問い合わせをしました。

 岩手県大船渡市はわかめの産地なので生徒たちに地域の産業を知る為にわかめの販売(養殖からはじめ販売まで)を教えているそうです。
わかめは生徒たちだけで、盛岡の方で販売をおこなっているとの事でした。

そこで、販売についての接客、指導等を東京のファミリーマートの本部に電話をし、協力を得て講習して貰ったという事でした。

 ファミリーマートについては、震災後にお世話になったセーブザチルドレンというNGO団体から紹介して頂いたそうであります。

ぬのた先生だけでは100%回答を得られないので、後日校長に報告して頂き、私宛に経緯を詳しく書いてメールして頂くよう約束しました。

ぬのた先生の言い分は学校側もファミリーマート側も朝鮮式お辞儀を決して指導をしていない、たまたまあのような形のお辞儀になったところの写真をネットで取り上げられ問題になったという事です。(あくまでもぬのた先生の言い分)

末崎中学校とのやり取りを自慢げに報告する疑惑の企業か?無知なる企業のファミリーマート

末崎中学校とのやり取りを自慢げに報告する疑惑の企業か?無知なる企業?のファミリーマート

教育者が、正しい日本の伝統文化も礼儀作法も理解しておらず、無知からのものか?反日からか?コンスと呼ばれる朝鮮式お辞儀を教えるという不勉強は如何なものか? もし反日教育のためであるならば、徹底糾弾すべきである!

末崎中学校側から回答が来次第、又報告させて頂きます。

勢洲憂国の士

 

※岩手県大船渡市立末崎中学校
【 住  所 】 〒022-0001 岩手県大船渡市末崎町平林72−13 
【電話番号】 0192-29-3926
【  FAX   】 0192-29-3966

※セーブ・ザ・チルドレン (Save the Children)
1919年にイギリスで設立された非政府組織(NGO non-governmental organizations)で、国連経済社会理事会の総合協議資格をもち、子どもの権利の保護を目標として活動している。
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、公益社団法人として活動している。


1 thought on “大船渡市立末崎中学校に対する問合せの報告

  • 西友ストアーが実験店舗としてから44年、大企業へとなったファミリーマートであるが、近年では数々の不祥事が明るみには出ていることをご存じであろうか?

    使用期限切れの腐った肉を使用している中国企業から仕入れて実験的に販売したガーリックナゲット事件

    本部SV社員が加盟店からだまし取ったクオカード事件

    不審者として防犯カメラに写った男性の映像を「万引き犯」と書き添えた上で店内に晒した事件

    このようにモラルの欠片もない企業がどうしてここまで急成長したのであるか疑問である

    補足ながら、他のコンビニの便所から比較すると、便所が一番小便臭いのがファミリーマートであることを付け加えたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »