反ロシアデー ソ連軍の強盗強姦殺人の大罪を忘れてはならない!

反ロシアデー 本日8月9日を、ロシアから北方領土奪還と謝罪を求める国民運動の日に制定せよ!
国際法でも明らかな違反である不法占拠を続けるロシアよ!全千島列島・歯舞群島・色丹島・国後島・択捉島を即時返還せよ!

全千島及び北方領土奪還

全千島及び北方領土奪還

1945年8月9日、赤色ソビエト連邦は日ソ中立条約を一方的に破棄し、戦後の利権を得るために卑怯にも日本に火事場泥棒のように攻め込んできた。
満州に攻め込んできたソ連軍により、婦女子は強姦され、多くの子女を含む民間人が虐殺されたのであった。そして我らが祖父である大日本帝国及び満州国軍の将兵はシベリア各地に送られ強制労働の奴隷とされた。国際世論の高まりで抑留から解放されるまで最長十年以上にわたり理不尽で地獄のような俘虜生活を強いられたのである。
ソ連が崩壊しても独裁と強権を踏襲するロシアを許してはならない。
国際法でも違反の不法占拠を続ける恥知らず国家ロシアよ、正当なる統治権国である日本国に全千島列島・歯舞群島・色丹島・国後島・択捉島を即時返還せよ!
赤色ソ連の悪の系譜を継ぐロシアのプーチンは、日本に心からの謝罪と領土返還を即時実行せよ!


1 thought on “反ロシアデー ソ連軍の強盗強姦殺人の大罪を忘れてはならない!

  • この非道な行為に忿怒する1945年8月9日、ソビエト連邦は日ソ中立条約を破棄し対日参戦を敢行した。

    9年後の1954年8月9日、日本の右翼・民族派は、このソ連の一連の行動を弾劾すべく、新橋駅前の野外ステージで「滅共反ソ国民大会」を挙行した。大会終了後、彼らは駐日ソ連代表部(現在の駐日ロシア大使館)に押しかけ、構内に侵入する事件を起した。この事件で赤尾敏氏ら3人が逮捕された。

    右翼はこの事件を「義挙」とし、以降毎年この8月9日を「反ソ連デー」として位置づけ、ロシア大使館近辺で街宣活動を行うようになった… 弊会の皆様とわたくしと共に勉強しまし、行動し、日本の國体を守りましょう🇯🇵🙏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »