くまのプーさん実写版映画、支那で上映禁止

以前北面武士のコーナーで触れた「支那ではくまのプーさんまで災難」が又、話題になっている。

習近平国家主席とバラク・オバマ米大統領を、プーさんとティガーになぞらえたこの画像が、2013年にインターネットに出回りはじめた

習近平国家主席とバラク・オバマ米大統領を、プーさんとティガーになぞらえたこの画像が、2013年にインターネットに出回りはじめた

米ディズニーの実写版映画「プーと大人になった僕」が支那で上映禁止になった。
体型やしぐさが習近平国家主席似ているという理由らしい(笑)。
台湾外交部は、ツイッターを通して「こちらは全土で上映する」と強調し「台湾では全てのくまが平等につくられている」と書き込みしたから益々世界で笑いの渦が起きている。

それにしても支那は禁止ワードでインターネット世界に万里の長城を築こうと企んでいるのか…

【支那の禁止ワード】
「天安門」「64」「6月4日暴動」「89」「ジャスミン 革命」「チベット焼身自殺」「打倒共産党」「共産党時代」「時代 退党」「インターネット遮断」「夜間外出禁止令」「袁世凱」「百日維新」「偉大な清帝国復活の夢」「李鹏 ロンダリング」「李鹏日記」「李鹏の子 李小鹏」「江さんの軍隊」「胡江の権力闘争」(胡錦濤と江沢民)「胡錦濤の子」「江習不合」(江沢民と習近平の不仲説)「習胡の争い」「胡 温無能」「温家宝夫婦」「温家 ダイアモンド」「温家 資産700億」「習近平」「習総理就任」「習総理の夫人」「母国 習の夫人」「習の娘」「習沢東」(習近平と毛沢東を合わせた)「肉まん+皇帝就任」(辣椒の「マンガで読む嘘つき中国共産党」の影響であろう)「動物園」「黄色い熊」「ディズニー」・・・

知れば知るほど開いた口が塞がらなくなる。

ベルリンの壁が崩れたように、ソ連の鉄のカーテンが綻びたように、習近平のサイバー長城がいつ崩れるか見ものである。

A photo of Pu Zhiqiang, a student protester at Tiananmen, taken on 10 May 1989 From Wikimedia Commons

A photo of Pu Zhiqiang, a student protester at Tiananmen, taken on 10 May 1989 From Wikimedia Commons

※六四天安門事件
1989年6月4日に、指導者・胡耀邦の死をきっかけに北京市天安門広場で民主化を求めて集結しいた一般市民のデモ隊に中国人民解放軍が装甲車で轢き殺しや無差別発砲事件。
※李鵬
元国務院総理、全人代常務委員長。その子供、李小鵬は実業家。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

愛国心の欠片もない投稿は一切無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

多国語 »