「表現の自由」とは全てがOKではない!

昭和天皇の肖像を燃やす動画が展示された。決して許されざる国賊行為である。この行為を擁護する大村知事も国賊に成り下がったと言える。 「表現の自由」とはなんだ?

あいちトリエンナーレ2019」のフェイク慰安婦少女像

あいちトリエンナーレ2019」のフェイク慰安婦少女像


 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった。
当然の帰結である。
 問題動画は、大東亜戦争を連想させる映像に、不遜にも昭和天皇の肖像と女性のヌードをコラージュし、ガスバーナーで燃やした後、燃え残りの灰を足で踏みつぶすという天皇陛下の人格を汚す映像作品である。
 憲法21条の「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」に抵触するとバ左翼がのたまっているが、多くの人々に怒り・憤り・悲しみを与え、気分を悪くさせてしまう作品に自由の主張は適用できない。同21条でも、「これを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」と記されており、最高裁でも昭和59年12月に、「憲法21条1項は、表現の自由を絶対無制限に保障したものではなく、公共の福祉のため必要かつ合理的な制限を是認する」との判決も出ている。
 この展示に加え、世紀の詐話師・吉田清治と朝日新聞が世界に発信した世紀のフェイクニュース「従軍慰安婦問題」があるが、従軍慰安婦など元々存在しなかった事は朝日も認め謝罪もし、その存在がフェイクであった事は公然の事実となっている。しかし、元売春婦たちは金欲の為未だに金を強請ってくる低俗な人間である。その行為を政府として綿密な調査もせず後押する韓国も低俗売春婦と同レベルの国家と言えよう。
大体「慰安婦少女像」なるモノは、金運成という自称彫刻家が儲かると思い制作し、彼らの望み通りブームとなったフェイク像だという事実は彼ら等自身がTVで告白している。そんなモノを何故?改めて展示しなければならないのか?
 確かに圧力や世情により展示拒否や自粛した作品に「表現の自由」はあるだろうが、「天皇陛下のの人格を汚す」作品や「フェイク慰安婦少女像」にその権利がないどころか、此れを公開する行為は日本及び日本人の威信と尊厳を冒す国賊行為以外のなにものでもない!
主催者の意図は、展示が初めから問題になることを想定した「炎上商法」の小賢しい手法であることは明確である。
アホの大村よ、早く気づけ!
 
 
奥羽列藩同盟尊皇の末裔

靖国神社について

靖國神社は明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりです。
明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っております。