正論社連載シリーズ

ホーム > 正論社連載シリーズ > アジアの誇り

アジアの誇り

 アジアの大国であるインドと中国が、列強の実質的な植民地にされてしまったことは、当時の日本人にとって最大の衝撃であり計り知れない恐怖であった。

 西洋列強による世界征服の野望は、この時期には完成の直前であった。

 中国大陸(列強による分割統治)と日本の処理をもって列強の世界地図は完成するような時期であった。

 万世一系の天皇という絶対的権威の存在により、非白人国家の中で唯一近代化に成功した日本であったが、当時の厳しい世界情勢の中では、列強の仲間入りをするか植民地となるかの二者択一の道しか残されていなかったのだ。

 重ねて言うが列強による帝国主義全盛の時代に、辺境の産業も持たない小さな島国が侵略から免れた事は奇跡としか言えない。

 結果として日本が明治維新の成功があっても日清戦争で敗戦していれば、やはり列強により当時進行していた清国分割案は実行されていたであろう。

 そして満州は確実にロシア帝国領となっていたであろうし、小中華としての誇りだけは一人前の世界最貧国朝鮮はロシア帝国に侵略されていたか、西洋の植民地として今も独立を果たしていない状況かもしれない。

 とにかくアジアの発展は数百年遅れた事であろう

 当然、ロシア革命も不発に終わり、世界は独善的帝国主義の列強の時代が長く続いたことは想像に難くない。

軍服 (大日本帝国海軍)

 大清国に勝利し、世界最強の陸軍を擁するロシア帝国を撃破した事は驚愕のニュースであったのだ。

 有色人種を徹底的に蔑んでいた西洋列強諸国は、日本という国を通じて植民地簒奪の計画を見直す事となったのである。

 歴史にifはあり得ない。妄想といえばそうであろうが、当時の状況を検証すればアジアはいまだに白人支配の構図が続いている事になっていてもおかしくない。

 つまり日本が広くアジア諸国から太平洋の海洋エリアまでもに進出したのは、植民地化のためなどではなく、地政学的にみれば必然でしかない自国防衛のためであった。

 そして西洋列強の白人国家が日本一国によって駆逐された事で、アジアの植民地にされていた多数の諸民族の独立を勝ち取れたのである。

 大東亜戦後、西洋列強はアジアの植民地を奪還しようと画策したが、日本の白人に対する活躍で奴隷根性から解放され民族の覚醒をしたアジアの諸民族は、牢固たる遺志に支えられ次々と独立を果たした。


列強の植民地帝国解体の呼び水となったアジアの独立年表

1945年 ラオスが独立を宣言。
ベトナムがフランスから独立を宣言。
1946年 フィリピンが独立。
1947年 インドがイギリスから独立。
パキスタンがイギリスから独立。
1948年

スリランカ(セイロン)がイギリス連邦の自治国として独立。

ビルマ連邦(ミャンマー)がイギリスから独立。
大韓民国がアメリカより独立。
朝鮮民主主義人民共和国がソ連より独立。

1949年 インドネシアがオランダから独立。
中華人民共和国設立。
中華民国が台湾に遷都。
1952年 日本が独立を回復。
1953年 ラオスがフランスから完全独立。
カンボジアがフランスから独立。
1955年 第1回アジア・アフリカ会議(バンドン会議)が開催される。

明治維新という奇跡の改革によりアジアは救われた!

そして暗黒大陸と言われたアフリカまでも大いなる光が射したのであった。



正論社連載シリーズ 大東亜大戦は侵略戦争であったのか? 大東亜大戦は侵略戦争であったのか? アジアの誇り 大航海時代と西洋列強 日清戦争(1894~95年) 日露戦争(1904~05年)