慰霊鎮魂の旅

ホーム > 鎮魂 巡礼の旅 > 満蒙開拓団 忘れまじ殉難者拓魂

大東亜大戦末期、一方的に日ソ不可侵条約を破棄し、満州に攻め込んできたソ連軍により命を落とした日本人は20万人を超えると云われている。
東京空襲が8~10万人の犠牲、広島原爆が14万人、長崎原爆が7万人もの犠牲であったが、それらをはるかに超える婦女子、民間人の尊い命の犠牲があった。
我々は、酷寒の曠野の中で数知れない悲劇により亡くなられた同胞の魂を慰霊する事を忘れてはならない。

満蒙開拓団 忘れまじ殉難者拓魂

 

まんしゅう地蔵(母子地蔵)
※ この地蔵は、子供を背負い、もう一人の子供を抱きかかえた母親の姿をしている。
金龍山 浅草寺境内
東京都台東区浅草2-3-1

 

第十三次満洲興安東京荏原郷開拓團殉難者慰霊碑
興栄山 朗惺寺
東京都品川区小山3丁目21−6

 

満州湖北農場殉難者之碑
※ 東京農業大学湖北農場で実習中の農業拓殖科学生五十六名と教員二名が殉難した。
東京農業大学
東京都世田谷区桜丘1丁目1−1

 

興安友愛の碑(葛根廟事件慰霊碑)
※ 満州葛根廟鎮で1,000名以上がソ連軍によって虐殺された事件。
天恩山 五百羅漢寺
東京都目黒区下目黒3丁目20−11

 

拓魂 満州開拓殉難者之碑
※ 満蒙の荒野に無残に散った八万の開拓者と、その人々を守りつつ自らも逝った関係者多数の御霊が合祀している。
東京都多摩市連光寺5丁目15(都立桜ヶ丘公園 拓魂公苑内)

 

不忘の碑
〔碑文〕国に従って 国に棄てられた人びとを 忘れず
ふたたび 同じ道を歩まぬための 道しるべに

佛迎山 延浄寺
東京都調布市西つつじケ丘2丁目30−1

 

満州開拓青少年義勇隊東京中隊 殉難英魂碑
〔碑文〕大地を愛した心は一つ 桃山の友情いつまでも
※ 東郷平八郎の別荘跡に建立された日蓮宗の寺院。
聖将山 東郷寺
東京都府中市清水が丘三丁目40番10号

 

満蒙大陸林業人供養塔
※ 硫黄島戦没者慰霊碑・平和観音がある。
高尾山薬王院 有喜苑
東京都八王子市高尾町2177

 

満州仁義佛立開拓団犠牲者之霊
※ 仁義仏立開拓団がソ連機甲部隊の一斉射撃や暴民の襲撃によって600名以上が殺された事件。
乗泉寺別院
東京都八王子市加住町1-487

 

中川村開拓団 拓霊芳魂碑
※ ソ連軍が侵攻して来た時、開拓農民や少年義勇軍は移動を認められず、撤退する関東軍の時間稼ぎの防弾堤として置き去りにされ棄民として殺されてた。
岩松山 清雲寺 
埼玉県秩父市荒川上田野690

 

中川村開拓団 拓魂碑
浅間神社 三百八十柱の御霊が祀られている。
埼玉県秩父市荒川日野972−3

 

忠魂碑(満州開拓団合祀)
津久井町役場 青野原支所
神奈川県相模原市緑区青野原2912

 

満蒙開拓団 満蒙開拓青少年義勇隊 満州報国農場勤労奉仕隊
〔碑文〕朔北の満蒙の地に 逝きて帰らぬ同胞を憶う
※ 二井義勇隊乃碑・二井義勇隊乃碑・故満鉄李家義勇隊之慰霊碑

山梨縣護國神社
山梨県甲府市岩窪町608

 

満蒙開拓南都留郷移民 満州南都留分村 殉難之碑
都留市護國神社
都留市中央3-9-13

 

増穂秀峰開拓団殉難者 慰霊碑
※ 満州チチハル市郊外日本陸軍墓地埋葬
壽命山 昌福寺 四十二柱の御霊が祀られている。
山梨県南巨摩郡増穂町富士川町青柳町483

 

 

慰霊鎮魂の旅 年間行事 通年行事 特攻・予科練の慰霊碑 学徒出陣慰霊碑 満蒙開拓団 忘れまじ殉難者拓魂 護国・招魂社