正論社会員寄稿

ホーム > 正論社会員寄稿 > 勤皇村大東農場大東神社を訪れて

勤皇村大東農場大東神社を訪れて

大東神社

 青梅市の勤皇村大東農場に鎮座する大東神社を訪れました。

 とても運よく影山正治先生のご子息お二人にもご挨拶でき、さらに幸運なことに大東農場の銀杏をお土産にいただきました。

 神社の御社殿は、式年遷宮の御用古材で造られた神明づくりです。

 わが師西山広喜の師であった三浦義一翁の刎頚之友であった影山正治先生が設立し主宰された大東塾・不二歌道会。

 戦前、「大東塾が動くときは昭和維新への決起の時」と言われたほど大きな影響力を持っていた団体です。

 師である三浦翁も顧問をなされておりました。

 そして翁の葬儀も大東塾に託されたほど、私ども門下生とも縁の深い団体であり、ゆかりの地でもあります。

 影山正和氏から、三浦翁との思い出話をお聞かせいただき恐縮した次第です。

大東神社御社殿

大東塾影山先生の碑


 大東塾の表裏一体である不二歌道会については、会のホームページの「道統と沿革より」引用させていただき紹介いたします。

 

 本会は内田良平先生晩年の門下たる初代主宰影山正治先生を通じて、「西郷党」より「玄洋社」「黒龍会」を経て流れる現代日本ナショナリズムの本流、正系に立つものであり、且つ、昭和二十年八月終戦時、「清く捧ぐる吾等十四柱の皇魂誓つて無窮に皇城を守らむ」との共同遺書をしたため、東京代々木ケ原で自刃殉難した大東塾十四烈士の悲願継承を堅く誓ふものである。

 本会の前身は昭和十六年十一月に設立された「新国学協会」で、同会は影山主宰を代表として、他に保田與重郎、浅野晃、藤田徳太郎、倉田百三、三浦義一、尾崎士郎、林房雄、中谷孝雄、大鹿卓、長谷川幸男氏等が同人として参加し、文学維新と新国学の確立を期して注目すべき活動をしたが、終戦により解散し、二十一年五月その精神と道統をそのまゝ継承して不二出版社を設立、次いで二十四年四月改称して本会が設立された。二十七年四月の独立回復まで、しばしば不当極まる弾圧を受けたが、一歩も退くことなく、一貫して日本の道を守り続け、独立回復とともに組織を画期的に整備し、体制をととのへ、内外非常の時局に対処しつつ懸命の諸努力をつづけ、昭和五十四年四月一日、かねてよりその御創建のために全国組織を挙げて奉賛活動をしてゐた大東神社が、東京都青梅市の大東農場内に完成した。

 その五十余日後の五月二十五日、影山主宰は大東塾十四烈士中央墓碑背後丘上に「元号法制化の実現を熱祷しまつる」「民族の本ついのちのふるさとへはやはやかへれ戦後日本よ」「身一つをみづ玉串とささげまつり御代を祈らむみたまらとともに」の遺書・辞世を残し割腹自決された。

 現在、佐々木壽、大東塾代表に、神屋二郎、不二歌道会代表に就任、設立以来一貫せる凛然・整然・不屈の民族派活動を展開しつつある。(不二歌道会HPより

大東塾十四の碑


 三浦義一翁は、室町将軍と呼ばれ、戦後最大のフィクサーであり歌人でもあった我々の大先生であります。

柴田先代をこよなく愛してくださった東条由布子さんの文をお借りし翁の片鱗をお伝えします。

 

 祖父・東條英機がある時期から精神面で大きな影響を受け、長男一家や妻の命をも託すとことになる三浦義一とは、一体、どのような人なのか、果たしてマスコミが報道するような人物なのか(略)
 戦後の混乱期に私たち一家を命がけで5年間もの間、守り続けてくださったことへの、ささやかなご恩返しになるような気がする。

 

 三浦先生は当時の政界にかなりの影響力をもった方である。

 尊王思想で和歌道の修練をその基本に置く精神修養団体、影山正治さんが創立された大東塾の顧問をされていた。

 

 三浦先生の厳父、数平氏は長崎の高等控訴院の院長、大分市の初代の市長を経て代議士を四期努めた方である。

 数平氏のもとには戦争末期の陸相・阿南惟幾さんや南次郎さんなどの血気盛んな若者たちが良く出入りしていたらしい。(略)

 

 三浦先生は単なる思想家ではなく、早稲田大学を出てから和歌の道に入られ(略)

母は "三浦先生は人格高潔なお方で、そのお人柄そのままの格調高い和歌を詠まれていたのよ"と三浦先生を懐かしむ。(略)

 先生を語るには和歌を抜いては語れないほど、和歌が先生の大きな部分を占める。 にもかかわらず、マスコミの三浦像には「右翼」という文字しかないのは不思議なことである。

(祖父東條英機 東條由布子 1995文春文庫)より


 勤皇村大東農場大東神社。

 この地はまさに民族派の聖地であり、殉国の魂が宿る地であります。

 若き諸君が、一度は訪れるべき地であり、それを切に願います。

平成二十八年神無月 鈴木 誠厳

大東農場


大東神社へのご案内

住所:東京都青梅市今井5丁目2440−104

電話:0428-31-2540

最寄り駅:JR八高線金子駅下車徒歩20分

 

 

 

正論社会員寄稿文 寄稿一覧 大東農場・神社を訪れて 大東神社ギャラリー