奉祝!紀元節 日本青年会議所のキャンペーン

2月11日の「建国記念の日」に向けて若手経営者らで作る日本青年会議所(日本JC)が面白いキャンペーンを企画している

公益社団法人日本青年会議所
公益社団法人日本青年会議所

それは「日本の誕生日にはおむすびを食べよう」というもの。

同会議所では、この日に北海道から九州までの全国13箇所の神社で、参拝客らに「誕生ケーキ」ならぬ「誕生おむすび」を配布する計画だ。

この企画を考えたいきさつは、日本の若者が他国の青年に比べて「建国記念の日」の認知度が低かったためであった。

他国では大半の青年が正確に答えられたのに、日本の青年は正確に答えられたのは2割程度だった。

これは戦後のGHQの「日本弱体化計画に伴い、日本の正統な歴史を抹殺する教育がなされたためである。

日本青年会議所の動きは微々たるものかもしれないが、それでも多くの人々がおむすびを食べる度に神武天皇の建国記念の日のことを思い出してもらえればありがたいことである。

                 
北面武士

日本の誇り樋口季一郎将軍

ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人に日本通過のビザを発給した外交官・杉原千畝(ちうね)のことは有名であるが、同時代の軍人、樋口季一郎中将が迫害されたユダヤ人に対して同様ののことをしたということ知る人は少ない。

北部軍司令官時代の樋口孝一郎将軍
北部軍司令官時代の樋口孝一郎将軍

これは「オトポール事件」と言われている。

1938年にユダヤ人18人がソ連と満州の国境のオトポールに、迫害されたユダヤ人がシベリア鉄道でたどり着いて逃げて来ていた。しかし、亡命先である米国の上海租界に到達するために通らなければならない満州国の外交部が入国の許可を渋り彼らは足止めされていた。

彼らの窮状を見かねて当時ハルピンにいた樋口季一郎中将(当時少将)は即日、炊き出しを命じるとともに、衣料・燃料の配給、そして要救護者への加療、満州までの入国、上海租界への移動の手配をしたのである。

その後、ユダヤ人たちの間で「ヒグチ・ルート」と呼ばれたこの脱出路を頼る難民の数は増え続けた。

一説には5千人から2万人に登ったと言われている。

樋口少将がユダヤ人救助に尽力したのは、彼がグルジアを旅した際の出来事がきっかけと言われている。

ポーランド駐在武官当時、コーカサス地方の貧しい集落に立ち寄り、偶然呼び止められたユダヤ人の老人が樋口が日本人だと知ると家に招き入れ、ユダヤ人が世界中で迫害されている事実と、日本の天皇こそがユダヤ人を救ってくれる救世主に違いないと涙ながらに訴え祈りを捧げたという。

樋口少将はユダヤ人の窮状を見て、そのことが脳裏をよぎったという。

当時の軍人にもこのような偉い人物がいたことを我々は忘れてはならない。

                 
北面武士

※関連寄稿文
【嘘に固められた「上海ユダヤ難民資料」のユネスコ世界記憶遺産申請絶対阻止!】
http://ishin.biz/seironsya/%e5%98%98%e3%81%ab%e5%9b%ba%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%8c%e4%b8%8a%e6%b5%b7%e3%83%a6%e3%83%80%e3%83%a4%e9%9b%a3%e6%b0%91%e8%b3%87%e6%96%99%e3%80%8d

【恥知らず国家の次なる歴史の歪曲の野望絶対阻止!】
http://ishin.biz/seironsya/%e6%81%a5%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9a%e5%9b%bd%e5%ae%b6%e3%81%ae%e6%ac%a1%e3%81%aa%e3%82%8b%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e3%81%ae%e6%ad%aa%e6%9b%b2%e3%81%ae%e9%87%8e%e6%9c%9b%e7%b5%b6%e5%af%be%e9%98%bb%e6%ad%a2

世界最古 高天原神話の発祥の神宮

中島君と一緒に新年の「ぶらり取材の旅」。次の目的地は熊本県山都町にある超古代神社の「幣立神宮」です。

熊本県山都町 阿蘇 幣立神宮鳥居
熊本県山都町 幣立神宮鳥居

この神社は、1万2千年前に創建されたと伝えられている超古代神社です。

たいがいの人は「そんなバカな」と思われるでしょうが、この神社のご神宝が「五色人面」という超古代の世界にいたという五つの世界の人々が寄進した木造のお面であり、その中の一つが「モーゼの面」という古代に日本にやって来たユダヤ人が寄進したお面であることを知ったら「ヘェー」と思い直すのではないでしょうか?

というのも、これが「日ユ同祖論(日本人とユダヤ人の先祖は同一であるという考え方)」の大きな柱の一つになっているからです。

この神社では五年ごとに「五色人祭」を開催しており、その時には世界中から五色人にゆかりのある人々や霊能者などの人が集まります

このようなユニークな神社ですので、当然一般の神社の範疇には入りません。

主祭神も、普通の神道界では最高神に位置するアメノミナカヌシノカミの前に、カムロギ、カムロミの陰陽の両神、それに大宇宙大和神(オオトノチノカミ)が来ます。

この神社は「日の宮 ヒノミヤ」幣立神宮と称しますが、ヒノミヤは「秘の宮」でもあります。

通常は表面に出て来ない神社なのです。

日本という神国が危機的な状況にたち至った時に働かれる神社なのです。

古くは元寇の時、そして近年では日露戦争の時です。

 特に日露戦争時には203高地の攻略が難攻し、多くの将兵が死傷しました。

宮中で神託を仰いだところ「ヒノミヤ」に勅使を派遣せよとの指示が出たのです。

だが当時の幣立神宮は郷社にすらなっていないほとんど無名の神社でした。

どうすべきか協議した結果、まず七ヶ所の一宮に勅使を派遣し、その後にヒノミヤに勅使を派遣することにしました。

山深い蘇陽町の幣立神宮に勅使が来られたことに地元の人はビックリし、その記念にマキノキを植えたのです(写真)。

熊本県山都町 幣立神宮 のまきの木
熊本県山都町 幣立神宮 のまきの木

天皇陛下の代理人である勅使が幣立神宮に参拝した後、203高地では日本の方から大きな声がわき上がり、その勢いに押されて同高地は陥落したと言われています。

いずれにせよ神秘的な神社でありますが、実は私はこの神社に十年間ほど月参りしたことがあります。そのため宮司さんとも非常に親しい関係にあります。

熊本県山都町 幣立神宮
熊本県山都町 幣立神宮

同志の皆さま方にも一度参拝されることをお勧めします。
                     

北面武士 

※幣立神宮 
【御祭神】 神漏岐命(かむろぎのみこと)
      神漏美命(かむろみのみこと)
      大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)
      天御中主大神(あまのみなかぬしのおおかみ)
      天照大神
【住 所】熊本県上益城郡山都町大野712

大嘗祭(だいじょうさい・おおにえのまつり)

新天皇となる皇太子様が初めて執り行う新嘗祭の「大嘗祭」が、平成31年11月中ごろに行われる見通しとなった

大嘗祭の御儀
大嘗祭の御儀

 具体的な日取りは、政治日程との兼ね合いもあり2案に絞られている。これに先立ち政府は、天皇陛下のご譲位を平成31年4月30日に定める政令を決定した。

 「大嘗祭」は、新天皇が一世に一度だけ行う皇位継承関連儀式の中でも最も重要な儀式である。

宮中祭祀の秘技とも言うべき行事で、これによって地上の天皇に天界の天皇霊が降りてきて合体すると言われている。つまり肉体の天皇が御身そのままに「現人神(あらひとがみ)」になられるわけだ。

それでこそ「神国日本」の実体が担保されるのだと私は考えている。

私は前にも指摘したが、天界では天皇は「現人神」であり、一般の神様よりも地位は高い。

それというのも、「現人神」たる天皇は、神界と地上界との結合点となられるお方だからだ。

 再来年の「大嘗祭」は、このような神霊的にも重要な儀式なのであります。
                     

北面武士

無責任でクレイジーな前川喜平

前に文部科学省の事務次官をしていた前川喜平とは一体どんな人物なのであろうか?

前川喜平氏 文部科学省ホームページより
前川喜平氏 文部科学省ホームページより

いろいろと問題を引き起こす人物であることはすでに加計問題などで明らかであるが、今回は国を相手取った訴訟で、事務次官経験者が現職時の業務に関して相手側からの陳述書を出したのである。

いわば自分の行為の正当性を自らが否認するような行為で何をかいわんやである。

このクレイジーな人物は、あるいは日本の国家そのものに反逆しているつもりなのかもしれないが、実のところは、文部科学省を初めとする現代官僚の劣化を物語っているのかもしれない。

この前川なる人物は、左翼マスコミの朝日新聞や民進党などの野党の意向に沿った形で加計問題では安倍政権を批判していた。

そして、今回は朝鮮学校無償化訴訟だ。

これは北九州市の九州朝鮮中高級学校の卒業生らが、国に損害賠償を求めた訴訟である。それで原告側が前川氏の陳述書を福岡地裁小倉支部に提出したのだ。

内容は無償化適用を求める原告側の主張に沿ったものと見られている。

いわば文部科学省の反逆者を利用した形である。

もともと文部省の役人は、国家公務員上級試験合格者の中では下の方に位置する。どちらかと言えば「落ちこぼれ組」である。

そうしたことが同省役人の心を歪めているのかもしれない。

今回の陳述書問題に関して、同省幹部は「組織人としての無責任ぶりに慄然とする」と反発しているが当然だろう。

このような反逆者を二度と出さないように文部科学省の皆さんの猛省を促したい。
                     

北面武士

三島由紀夫の自決と私

三島由紀夫氏は、私たち民族派学生のいわば「教祖的な存在」であった

1970.市ヶ谷駐屯地で演説する三島由紀夫烈士
1970.市ヶ谷駐屯地で演説する三島由紀夫烈士

週刊現代が今週号で、三島事件が発生した当時の周囲にいた人間三人による鼎談を企画している。

三島事件が発生した当時に民族派の学生運動に関係していた私たちは、多かれ少なかれこの事件に関係している。

今回、その当時の私の記憶を記しておこう。

私が日比谷高校から一浪を経て東大に合格したのは、昭和41年春だった。当時はまだ学園紛争は一部の大学でしか起きておらず、全体的には静かなものだった。だが学費値上げに伴う学園紛争は、すでに有名大学では早稲田大学で起きていた。

当時東大教養学部に在籍していた私は、高校時代の友人が早稲田大学商学部の二年生で学園紛争に巻き込まれていたこともあり、私は面白いものだからしょっちゅう早稲田大学に通っていた。

そうした中で同大学のいくつかの民族派のサークルの人たちと仲良くなった。その一人が、その後一水会を作る鈴木邦男氏であり、また三島氏と自決する森田必勝氏であった。

三島由紀夫氏は、当時「反革命宣言」や「文化防衛論」など民族的な論文を雑誌などに発表しており、私たち民族派学生のいわば「教祖的な存在」でした。

私は、二年生の時に東大教養学部内に「国策研究会」を作り、民族派の狼煙を上げたのです。

その後、東大内でも学園紛争が拡大し、国策研究会は「日本文化研究会」なるよりニュートラルな名称に変わり、より広範囲な学生を結集することになります。

三島氏は、その後「盾の会」を作りますが、東大から参加した人間はいなかったと思います。

参加したのは、早稲田大学の民族派の学生、ならびに「全国学協」の一部学生が中心でした。

三島事件が発生した時、私は法学部の四年生でしたが、大きな衝撃を受け、とるものもとりあえず市ヶ谷の自衛隊総監部に行き、自決した二人の冥福を祈りに行きました。確かテレビの取材も受けたように思います。

事件からすでに47年経つが、当時の記憶はまだ鮮明に残っており、私たち残された者の使命はますます大きくなっている。

                      

北面武士

日本の子供の貧困率はまだ高い

日本人の子供が7人に1人が貧困状態にあるという。先進国の間でも日本の子供の貧困率はまだ高い。安倍首相には経済を改善し、こうした問題にも取り組んで欲しいものだ

イメージ 不安な景色
イメージ 不安な景色

 戦後の混乱期こそ、貧しい人は多かったが、高度経済成長時代を経験した私たちは、「子供の貧困率」と言ってもあまりピンと来ない。

しかし、厚生労働省が今年まとめた27年時点の子供の貧困率は13・9%だった。やはり貧しさは徐々に日本を蝕んでいるようだ。

ちなみに先進国が加盟する経済協力開発機構(OECD)の調査によると、2014年時点で日本は加盟34ヶ国中25位にとどまったのである。

こうした貧困率の高い原因としては、父親のいない母子家庭が増えていることも一因のようだ。

ちなみに一人親の家庭では、貧困率が50・8%とはね上がっている。

こうした家庭では、子供がきちんとした食事を取れないことが懸念されている。

さらには、進学を断念せざるをえないといった悲惨な状態に陥る心配もある。政府のさらなる援助が期待される。
                      

北面武士

新潟県妙高市と京都府丹後市が国賊行為

 新潟県妙高市京都府丹後市が作成した観光パンフレットに、日本海を韓国語で「東海」と表記していたことが判明する驚愕的な事件が発生した。日本政府が、韓国サイドの「東海」表記運動に強く反対していることを十分知っての上で、韓国人ないし在日朝鮮人が意図的な表記を敢えて観光パンフレットに書いたとしか思えない。韓国サイドは、知らぬところで次々と日本に対する文化的な攻撃を行っている。

新潟県妙高市 観光パンフレット
新潟県妙高市 観光パンフレット

我々は、愛国者として断固として責任の所在を追及しなければならない!!

 この事件は、日本人特有の単なる「韓国語が分からず知りませんでした」で終わらせてはならない重大な事件である。なんとなれば、コンス事件で判明したように似たような「文化的な侵略」事件が学校現場など我々が知らないところで次々と起きているからだ。
 今回の事件が悪質である理由は、日本人が韓国語を知らないだろうとの判断で、何者かが韓国サイドの「東海表記運動」に呼応して、敢えて自治体の観光パンフレットという公的な文書に「東海」と書き込んだことにある。一体誰がこんな意図的な事件を引き起こしたのか。その責任を明確にすると共に、自治体そのものの責任を明確にしなければならない。

 

北面武士

 

抗議の電話をしよう!

※新潟県妙高市 入村(にゅうむら)昭 市長

 0255-72-5111

※妙高観光推進協議会 丸山善宏会長

   0255-74-0021

  info@myoko-note.jp

※妙高市観光協会

 0255-86-3911

 http://www.myoko.tv/inquiry

※京都府京丹後市  三崎 政直 市長

 0772-69-0001

※京都府京丹後市観光協会

 0772-62-6300

 

男系天皇を護っていくこと

祝!連載百回!
男系天皇を護ってゆくことは、日本民族の神聖な伝統である。敗戦後、この伝統を護った一群の人々がいた。源田実司令を中心とした海軍の人々である。このほど、この人々のことを記した貴重な本が出版された

神武天皇版画。月岡芳年作
神武天皇版画。月岡芳年作

この本は「極秘司令皇統護持作戦」である。源田実先生は参議院議員をされ、私たち若者を非常に大事にされた。私たちが主宰した勉強会の合宿にも時折ご参加いただき語り明かしたものである。
 その先生が、晩年に我々に語ってくれたことがこの極秘作戦であった。「宮崎県のある場所」とだけは伺っていたが、詳細なことは聞けずじまいで、先生は鬼籍に入られた。でもこの本は、天の配慮と感謝している。男系天皇の皇統を護持することこそ、究極的には本会の目的でもある

私たちが大学に入った当時は、左翼過激派の学生運動ー三派全学連ーが全盛時代だった。その左翼に対抗する形で右側、つまり民族派の学生運動も勃興する。私もその一員だった訳である。その民族派の学生たちの多くが参議院選挙で支援したのが、海軍のパイロットであり真珠湾攻撃の立役者。いわば我々の「英雄」だった源田実先生だった。当時、源田先生は、自民党参議院全国区に立候補しており二期目だった。私たちは「英雄を落としてはいけない」として奮闘したものだ。その仲間が、その後も同志として親しく付き合っている。

 

北面武士

源田実先生
源田実先生

源田実先生
明治37年(1904年)8月16日
広島県山県郡加計町(現-山県郡安芸太田町)生まれ。
大正10年、海軍兵学校に海兵52期として入学。
昭和10年、海軍大学校35期甲種学生とる。
自衛隊では初代航空総隊司令、第3代航空幕僚長を務め、ブルーインパルスを創設した。
昭和37年、自衛官を退官、参議院議員4期24年務め永年在職議員に表彰される。

極秘司令皇統護持作戦
極秘司令皇統護持作戦

極秘司令皇統護持作戦
【内 容】 日本の降伏が告げられた玉音放送の2日後、昭和20年8月17日。海軍最強の戦闘機隊・第343航空隊の面々を前に源田実司令は言った。「死ぬよりも重要な任務がある。無期限の覚悟でやってほしい」
GHQによる天皇処刑という最悪の事態に備え、皇族を九州山中に隠匿する極秘作戦。選ばれしは精鋭24名。天皇家の血筋を護るため、彼らの長い戦いがはじまった。
「皇統護持作戦」の知られざる全貌を描く感動のノンフィクション!
【単行本】 254ページ
【出版社】 徳間書店 (2017/7/21)
【著 者】 将口 泰浩



平川祐弘先生の渡部昇一先生追悼記事

東大の名誉教授である平川祐弘先生が産経新聞に亡くなった渡部昇一先生を追悼する記事を載せている

渡部昇一先生

実は平川教授は、私たちが東大の学生時代に、民族派寄りの「日本文化研究会」というサークルを作ったおりに快く顧問を引き受けて頂いたことがある。
平川教授は比較文化論の先生で、私たちに対する接し方も温厚で人気も高かった。その先生が当日の東大の先生方について「渡部氏ほどの偉者は東大にはいなかったと私は観察している」と記しているが、確かにその通りで左翼の全盛時代にあって保守派の先生方は数えるほどしかいなかった。平川教授は、渡部昇一先生に関して、昭和20年代に朝日新聞や岩波書店にリードされた論壇にあって、正論を吐かれたのは慶應義塾の小泉信三塾長であった。全面講和論に真っ向から異を唱えた小泉氏に当時上智大学の学生だった渡部氏が賛意の手紙を書いたという。その渡部昇一先生が、昭和40年代から保守派の論壇を引っ張っている。平成末期のこの時代にあって、2人の衣はつを継ぐのは一体誰なのであろうか。

北面武士