祝!優勝 男子フィギュアスケート羽生結弦選手

平昌五輪で日本勢はなかなか金メダルを獲得できずに日本国民をやきもきさせていたが、その憂いを男子フィギュアスケート羽生結弦選手が優勝して見事に吹き飛ばしてくれた

羽生選手の「金」に続いて宇野昌磨選手も二位の「銀」を獲得。
二選手でのワンツー・フィニッシュと最高の結果となった。
両選手の見事な演技に惜しみない拍手を送りたい。
特に羽生選手は、昨年秋に見舞われた右足首の負傷のアクシデントを乗り越えての優勝とあって喜びもひとしおだろう。
もちろん多くの国民も期待とともに心配もしていた。でも羽生選手は、その期待に立派に応えてくれたわけで、私も本当に嬉しかった。
羽生さんありがとう。
そしてそれに続いた宇野選手もありがとう。
今後の両選手のさらなる飛躍を期待しています。
北面武士

恵方巻き「もうやめにしよう」と宣言

増え続ける一方の恵方巻きは一体何なの?

恵方巻きと鬼面
恵方巻きと鬼面

SNSでスーパーなど量販店の売れのこった恵方巻きの大量廃棄が問題となっている折り、「もうやめにしよう」と宣言する勇気のあるスーパーが現れた。

これは兵庫県でチェーン展開しているヤマダストアー。

一般的にスーパーなど量販店は、昨年の売り上げ個数よりも多くの恵方巻きを用意するのが当たり前。

しかし、日本の人口は減少している状況にあってなぜ「右肩上がり」の増産を続けるのだろうか?

私も以前から疑問に思っていたのであるが、節分のシーズンになると、暗くなるまで「恵方巻きあります」とスーパーやコンビニの店の前で叫ぶ店員の姿を見ながら、「ご苦労だけど、あんなに多くの恵方巻きが売れるのだろうか?」と人知れず心配したものだ。

案の定、店舗内を覗いて見ると相当数が売れ残っている。

「売れ残った恵方巻きは食べてしまうのかな」などとあらぬ想像すらしたことがある。

それだけに、このシーズンにはデパートを初めとしてスーパー、コンビニなど町中の店舗が競って恵方巻きを売っている。

日本人すべてが恵方巻きを食べてもとても食べ切れない数の恵方巻きが売られているのではないだろうか?その意味ではこのヤマダストアーのやめよう広告の勇気には拍手を送りたい。

もういい加減「恵方巻き攻勢」は止めるべきだ。

                 
北面武士

大仁田厚候補ガンバレー

取材に行くみちすがら、面白い人物に出会った。今、佐賀県神埼市長選挙に立候補している元プロレスラーの大仁田厚氏である

大仁田厚候補ガンバレー
大仁田厚候補ガンバレー

「朝立ち」を初めたらしい。

時折雪がちらつく寒風の中で大仁田候補は国道34号線の歩道に立って懸命に車に向かって手を振っていた。

私は、プロレスラーの大仁田厚は良く知らないが、地方政治の活性化のためならば、こうした一風変わった人物が市長になるのも多いに結構だと考えている。

自分のためでなく、地方のために立候補するのは、大いに結構。普通ならば出馬しないろうが同氏には神埼市に対するそれなりの思いがあるのだろう。

何でも母親の故郷らしい。市長選挙そのものは、まだ4月なので、名前入りの旗を振る行為は厳密に言えば選挙違反だろうが、選挙運動はやった人間の勝ち。早速朝立ちを開始するところもいいではないか。
私は勝敗を度外視しても頑張るこのようなクレイジーな人間が大好き。

大仁田候補ガンバレーッ

                 
北面武士

「護国の神」となられた応神天皇

母親の神功皇后と共に三韓征伐に同行され、宇美八幡宮で誕生された応神天皇は、その後亡くなられてから御神霊が「護国の神」としての働きを発揮される。

応神天皇御影(河内国誉田八幡宮蔵)
応神天皇御影(河内国誉田八幡宮蔵)

 もともとが誕生した時に腕の筋肉が盛り上がっていたらしい。母親と共に胎児の身で征伐に同行されたからだろうか?

この宇美八幡宮で誕生された後、応神天皇の御胞衣(おえな、ヘソの緒)は、筥に納めて現在筥崎宮が建っている場所に埋められて標識として松が植えられた。

福岡市 筥崎宮 ご神木の 筥松
福岡市 筥崎宮 ご神木の 筥松

筥崎宮の脇には、現在も神木として「筥松」が立っている。
60代の醍醐天皇の御代に、応神天皇の御神霊が七歳の女子に「筥崎は我が誕生のいにしえ、胞衣を筥に入れて松原に埋めた所である。そこに帰って異国の敵を降伏しよう」と託宣された。

福岡市 筥崎宮
福岡市 筥崎宮

そこで太宰少貮の藤原真材が神殿を建て今の筥崎宮となった。

確かに後世の元寇の時には筥崎宮が「敵国降伏」の中心となったのである。

福岡市 筥崎宮 亀山上皇尊像 筥崎宮HPより 
福岡市 筥崎宮亀山上皇尊像 筥崎宮HPより

なお、近年になって筥崎宮の隣に福岡県庁前の公園に銅像が立っている亀山上皇の木造の原型が展示されている。高さ6メートルの立像で、近くで見ると上皇の気迫が伝わってくるようだ。

                 
北面武士

※筥崎宮
【御由緒】筥崎宮は筥崎八幡宮とも称し、宇佐、石清水両宮とともに日本三大八幡宮に数えられます。 御祭神は筑紫国蚊田(かだ)の里、現在の福岡県宇美町にお生まれになられた応神天皇(第十五代天皇)を主祭神として、神功皇后、玉依姫命がお祀りされています。創建の時期については諸説あり断定することは困難ですが、古録によれば、平安時代の中頃である延喜21年(西暦921)、醍醐(だいご)天皇が神勅により「敵国降伏」(てきこくこうふく)の宸筆(しんぴつ)を下賜され、この地に壮麗な御社殿を建立し、延長元年(923)筑前大分(だいぶ)宮(穂波宮)より遷座したことになっております。(筥崎宮HPより)
【御祭神】應神天皇
     神功皇后
     玉依姫命
【住 所】福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
【電 話】092-641-7431
【H P】http://www.hakozakigu.or.jp/history/

栃ノ心が幕内最高優勝

旧グルジア(ジョージア Georgia)出身の力士、栃ノ心(30)が、大相撲で平幕優勝をとげた。

Tochinoshin From Wikimedia Commons, the free media repository
Tochinoshin From Wikimedia Commons, the free media repository

 一時は関脇にまで昇進したが、大ケガをして平幕にまで転落

その後、ケガを克服しての優勝だった。

その苦難の道を考えると、栃ノ心に心からなる拍手を行りたい。

このようなケガからの復活は、日本人力士でも難しいもの。

それを外国人力士で、しかも30歳の年齢で成し遂げたというのは立派以外にない。

もちろん本人の刻苦勉励もさることながら師匠の春日野親方ならびに一門の力士たちの励ましも大きな力となったのではないだろうか。

故郷のグルジアでは、両親ならびに奥さん、まだ幼い女のお子さんがインターネットで取り組みを観戦していたというが、その喜びもひとしおだろう。

遅咲きの外国人力士、栃ノ心の今後一層の精進を是非とも期待したい。

                
北面武士

※ジョージア
旧グルジアで知られる東欧州or西アジアの南コーカサスにある共和制国家。ソビエト連邦の構成国であったが、1991年に独立した。

拉致被害者家族の皆さんのご健闘を祈念する

拉致の可能性が排除できない「特定失踪者」の家族たちが、<北朝鮮による日本人拉致は「人道に対する犯罪だ」>として、オランダ・ハーグにある国際刑事裁判所(ICC)にクレイジー・ファット・ボーイの金正恩朝鮮労働党委員長の責任追及や捜査に着手するように申し立てるという

International Criminal Court 国際刑事裁判所オフィシャルロゴ
International Criminal Court 国際刑事裁判所オフィシャルロゴ

拉致問題の解決に向けた外交交渉がなかなか進展しない中、家族たちのこうした行動は思い余った末の措置と思われる。

もっとも、国際世論を一切無視し続けている「世捨て人国家」の北朝鮮に対し、どれほどの効果があるかは疑問だが、少なくとも国際司法当局への働きかけは新たな切り口であり、国際世論に対して更なるアピールとなるだろう。

拉致被害者家族の皆さんのご健闘を祈念したい。

                   
北面武士

私と西郷隆盛先生

私の心の中に定着し続けた     「英雄」西郷南洲翁

Portrait of Saigo Takamori Edoardo Chiossone
Portrait of Saigo Takamori Edoardo Chiossone

私は小学生時代に東京の上野動物園によく親や姉から連れて行ってもらったことがあります。特に二人の姉のうち、六歳離れた次姉にはことのほか可愛がられました。そうした次姉からよく上野動物園に連れて行ってもらった記憶があります。

上野動物園に行く途中には、必ず西郷さんが犬を連れた銅像に出会うわけです。そうしたことで、私は小さい時から西郷さんには親しみを感じていました。

次第に、私にとって目指すべき理想的な人間像として西郷さんのイメージが定着していった気がします。

私は若い頃、特に大学生後半ごろから徐々に肥満体になりますが、今ではそれも理想像として西郷さんをイメージしていたからだと考えています。

もっとも直接的には、尊敬する三島由紀夫さんがボディービルをしていたことにあこがれ、大学生になって二年間は渋谷にあったボディービルのジムに通っていて、ムキムキの体型になったのですがあまり筋肉がつくと体が凝ることと、法学部の専門過程に入ったことで勉強を余儀なくされた結果、トレーニングをしなくなり、その反動で太ってしまったーというのが真相ですが。いずれにせよ、私の理想的人間像、そして「英雄」として西郷さんは私の心の中に定着し続けたのです。

したがって、延岡で西郷さんが西郷軍の解散を決意する最終的な場面で、西郷さんがニニギノミコトに邂逅したことを知った時、私も含めた三人の関係、そしてその因縁の浅からぬことを知ったのです。

                    

北面武士 

国賊週刊誌「AERA」の面白い特集

週刊誌「AERA」 神さまと日本人の特集 朝日新聞出版HPより
週刊誌「AERA」 神さまと日本人の特集 朝日新聞出版HPより

国賊朝日新聞の週刊誌「AERA」が、同誌には似つかわしくない面白い特集を行っている

題して「神さまと日本人」。

たまたま正月なのでこのような企画を考えたのかもしれない。

中身は「成功企業が祀る神さま」など面白い記事もあれば、「希望の息子は懲戒解雇」「神社本庁も困っている」など三面記事そのままの記事も。

まぁ記事を書く記者が複数いるから仕方ないのかもしれないが、読んでみた感想としては、マスコミなどで朝日バッシングが起きているし、もう朝日は取らないと公言する市長が出てくる昨今、今一番社内で神さまを祀る必要があるのは当の朝日新聞ではないのかということでした。

                    

北面武士 

ベートーベンの第九のコンサート

博多の福岡銀行本店の地下ホールでベートーベンの第九のコンサートを聞きに行きました。

ベートーヴェンの交響曲第9番の手書譜
ベートーヴェンの交響曲第9番の手書譜

合唱付きの第九の演奏はテレビでは時々見ますが、生で見るのは初めて。

たまたま女性の友人からコンサートの話を聞き、是非とも聞きに行きたいと思い参加した次第。

 

午前中の神社詣りで神功皇后様が後押ししてくださったのかも?

でも日本人は実に第九が好きですよね!これだけ各地で第九が演奏されている国家もないのではないでしょうか。しかも合唱は全員ドイツ語で歌うのですから。

タラス・デムチシン From Taras Demchyshyn HP
タラス・デムチシン From Taras Demchyshyn HP

この日のコンサートは、指揮者が九州で活躍しているウクライナ人のタラス・デムチシン氏。彼は、九州交響楽団のクラリネット奏者でもあると共に指揮者の仕事もしています。まだ若い指揮者ですが、前から二列目に座っていたこともあり彼の顔の表情や動作の一つ一つがよく分かりました。彼の指揮は情熱的でファンタスティックでした。後ろで見ていて、実に格好いいなと思いました。

 楽団の前に整列した4人の声楽家たちも、それぞれに個性があって素晴らしかったです。

この日は実にリッチな年末の夜でした。
      

北面武士

湖東記念病院殺人冤罪事件

平成15年に滋賀県東近江市の湖東記念病院で起きた人工呼吸器をはずした殺人事件で、大阪高裁は殺人罪に問われ服役を終えた人物の再審を開始する決定を下した。私が新聞記者になった昭和48年当初に弘前大学教授夫人殺人事件の再審請求があり、最初の犯人とされた人物の名誉回復が図られたことがあったが、まだまだこうした「冤罪事件」が起きることに暗然とさせられる


 今回の事件で、大阪高裁は「自然死した合理的な疑いが生じた」として再審開始を認める決定をした。

物的証拠の少ないこうした事件では、捜査段階での「被疑者」の自白が有罪の根拠とされることが多い。

その後の裁判でも、死因と自白の信用性が争われたが、今回高裁は自白についても「警察官らの誘導に迎合した虚偽自白だった可能性がある」とした。

こうした冤罪事件は、捜査に当たった警察官の誘導尋問で発生するケースが多いので注意すべきだろう。
                     

北面武士