日本大学フェニックス危険タックル事件

世の中には、悪いことと知りながら、マァいいだろう的な感覚で、安易に悪事を自ら行ったり、人にやらせたりする人間がいるものだ。今回の日大アメリカンフットボール部員によるプレー中の障害事件は、まさにこれに該当する。

nihondaigaku-phenix 日本大学フェニックス
nihondaigaku-phenix 日本大学フェニックス

この事件に関し、当事者である日大アメリカンフットボール部員が22日、事件の真相を記者会見を開いて明らかにした。

弁護士を伴って記者会見を開いたのは、日大三年生の宮川泰介選手。

会見の中で同選手は、焦点の危険なタックルについて「内田正人監督と井上奨コーチの指示で行った」と明らかにした。

事件が内田監督の辞任で、明言がないままうやむやになろうとしていたところ、渦中の選手が自ら真相を告白したことは立派である。

これで真相の解明ならびに関係者の処分も進むであろう。

いずれにせよ、これは刑事事件に発展すると思われる、この際、ことの理否曲直をはっきりさせて欲しいものだ。

              
北面武士

カンヌ映画祭で「万引き家族」がパルムドールを受賞

フランスの第71回カンヌ映画祭で、日本の是枝裕和監督の「万引き家族」が、最高賞の「パルム・ドール(Palme d’Or)」を受賞した。日本映画の最高賞受賞は21年ぶりの快挙である

「万引き家族」は、題材はどうかなと思うのだけれど、報道によれば<祖母の年金だけをたよりに、家族ぐるみで万引きをして生活する一家を見つめ、家族のあり方などを問いかけている作品>らしい。

現代は、さまざまなことが原因で生活が困難な人々が多くなっている。そうした人々にスポットライトを当てた作品のようだ。

カンヌ映画祭では、作品を観賞した審査員からは「並外れた作品だ」「感動した」といった感想が聞かれた。それだけに良い作品なのだろう。

映画界では、黒沢明監督が世界的に有名だったが、その後の日本映画が世界的に話題となるような話はあまり聞かない。

是枝監督は、今後の目標として「海外の役者と一緒に仕事をしたい」とも話していることは心強い限りだ。

是枝監督の今後の活躍に期待したい。

              
北面武士