西城秀樹さん 63歳で死去

歌手の西城秀樹さんが死去した。私たちより一回り若い世代の歌手だったが、一時代を築いただけに改めて時間の過ぎ去るのが早いことを感じる

西城秀樹さんと言えば、「ヤングマン」などの馴染み深いヒット曲を飛ばした活力あふれる歌い手だった。

野口五郎、郷ひろみと共に「新ご三家」と称されて一世を風靡した。でも、平成15年と23年に脳梗塞を発症し、以後闘病生活を続けていたらしい。少しテレビで見かけないと思っていたら、そうした事情があったのだ。

まだ63歳であった。早すぎる死だけに、その死が惜しまれる。

最近は私の周辺でも、死去する人が相次いでいる。3ヶ月ほど前には、私の長年の友人だった人間が、倒れて頭を打ったことが原因で亡くなった。74歳だった。
また最近は、元下仲人をして頂いた方が亡くなった。

いずれ人間は、この世を離れてあの世に行くのであるが、何歳まで生きるのかは神様に任せる以外にない。

              
北面武士