北朝鮮、「一方的核放棄強要」なら米朝首脳会談再考とうそぶく

北朝鮮の金桂寛(Kim Kye-gwan 김계관)第一外務次官は16日、「米国が一方的な核放棄を強要するなら、米朝会談に応じるか再考せざるを得ない」との談話を発表した。南北首脳の会談で「雪解けムード」を演出していた北朝鮮が、土壇場でいつもの狡猾な手口で揺さぶりに出た形だ

朝鮮労働党ポスター FromNaenara
朝鮮労働党ポスター 
朝鮮労働党ポスター FromNaenara
朝鮮労働党ポスター FromNaenara
朝鮮労働党ポスター FromNaenara

 

 

 

 

 

北朝鮮の言うことは決して信用できない。

これまでの米国の歴代政権は、融和政策を採用しながらも、いつも北朝鮮に裏切られて核開発を許してきた。

その結果が、今回のクレイジー・ファット・ボーイである金正恩の「核保有国宣言」につながったと言える。

この度の談話を発表した金桂寛第一外務次官は、対米交渉のエキスパートと言われている。どの段階でどんな揺さぶりをかければ、どう反応するかを知り尽くしている。

金次官は、特に「超たか派」と言われているボルトン大統領補佐官に焦点を当ている。ボルトン氏の発言を持ち出し、名指しで非難しているのだ。

もっとも、アメリカは「会談しても止めてもかまわない」と、両にらみの姿勢だが、いずれにせよ会談に応じないで困るのは北朝鮮の方である。

私は、なんだかんだ言いながらも、結局は北朝鮮は会談に応じると見ているのだが・・・

              
北面武士