米朝首脳会談、6月12日にシンガポールで

トランプ大統領が、北朝鮮のクレイジー・ファット・ボーイこと金正恩労働党委員長と6月12日にシンガポールで会談することになった。いよいよ米朝首脳会談が実現する運びとなった

アメリカvs北朝鮮国旗
アメリカvs北朝鮮国旗

 それはそれで目出度いことではあるが、両国間のハードルは依然として高い。

一歩間違えると、双方が物別れに終わるだろう。

今回の米朝会談が成立の運びとなったのは、ある意味トランプ大統領の作戦が成功したためである。

その前に化学兵器を使用して自国民を殺害したシリアに対し、二度にわたるミサイル攻撃を実施したことで、北朝鮮もトランプ大統領の決断力を十分に見せつけられていた。

それに最近「超たか派」のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を専任したことで米国の金正恩に対する「斬首作戦」が現実味をおびてきたこともその背景にあるだろう。

米国は北朝鮮への核放棄要求で妥協することはないとの立場である。

これに対し、北朝鮮側は段階的な放棄を掲げている。

両国間の溝をどのように埋めて行くのか、会談の行方が注目することになる。

               
北面武士