「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が登録勧告

信仰の力は実に強く偉大なものである。国連教育科学文化機関(ユネスコ)が4日、世界文化遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を登録するよう諮問機関が勧告したと発表したとの報道を受け、そう感じた次第だ

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 大浦天主堂
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 大浦天主堂

俗に「隠れキリシタン」と呼ばれるこれらのキリスト教徒は、江戸時代の禁教令(1612年)以降、表向きはキリスト教の信仰はしてないように装おっていたが、部落内では隠れて信仰を続けてきた。

私も、そうした「隠れキリシタン」の伝統を持った方と親交があったが、今で言うカトリックの信者に近い信仰のようだった。

これらの人々は、信仰が純粋なため、神様との交流もあるように思われる。

また、そうしたことが弾圧下での信仰継続の力になったのではないだろうか。

世界遺産登録の勧告を受け、県や市の関係者は「観光面でプラスになる」と喜んでいるが、私はそうした人々の信仰心が評価されたと受け止めたい。

              
北面武士

※長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
①原城跡(国の史跡)
キリシタンが起こした「島原・天草一揆」の主戦場となった城跡

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 原城跡
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 原城跡

⓶平戸聖地・安満岳と春日集落(重要文化的景観「平戸島の文化的景観])
キリスト教伝来以前から続く篤い自然崇拝思想をもとに山岳や島を聖地や殉教地として崇敬した潜伏キリシタンの集落

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 安満岳
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 安満岳
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 春日集落の棚田
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 春日集落の棚田

③中江ノ島(重要文化的景観「平戸島の文化的景観])
禁教初期にキリシタンの処刑が行われた殉教地

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 中江ノ島
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 中江ノ島

④天草の﨑津集落(重要文化的景観「天草市﨑津・今富の文化的景観」)
生活、生業に根差した身近なものをキリシタンの信心具として代用し、漁村特有の信仰をひそかに続けた潜伏キリシタン集落

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 﨑津集落
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 﨑津集落

⑤外海の出津集落(重要文化的景観「長崎市外海の石積集落景観」) 出津教会堂(重要文化財)
聖画像をひそかに拝み、教理書、教会暦などを伝承して信仰を続けた集落

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 出津教会堂
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 出津教会堂

⑥外海の大野集落 大野教会堂(重要文化財)
仏教や神道の信仰を装いながら、神社に自らの信仰の対象をひそかにまつって信仰を続けた集落

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 大野教会堂
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 大野教会堂

⑦黒島の集落(重要文化的景観「佐世保市黒島の文化的景観」)
平戸藩(肥前国松浦家)の牧場跡の再開発地に19世紀半ば移住し、仏教寺院で「マリア観音」に祈りをささげながら信仰を続けた集落
黒島天主堂(重要文化財)

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 黒島天主堂
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 黒島天主堂

⑧野崎島の集落(重要文化的景観「小値賀諸島の文化的景観」)
神道の聖地であった島に移住し、沖ノ神嶋神社の氏子となり険しい斜面地を開拓しながら信仰を続けた集落
野首集落跡・舟森集落跡

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 野首集落跡と旧野首教会堂
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 野首集落跡と旧野首教会堂

⑨頭ヶ島の集落(重要文化的景観「「新上五島町崎浦の五島石集落景観」) 頭ヶ島天主堂(重要文化財)
病人の療養地として使われていた島に仏教徒の開拓指導者のもとで移住し、信仰を続けた集落

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 頭ヶ島天主堂
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 頭ヶ島天主堂

⑩久賀島の集落(重要文化的景観「五島市久賀島の文化的景観」)
五島藩(肥前国五島氏)の政策に従って島の未開地に移住し、仏教集落の島民と互助関係を築いてひそかに信仰を続けた集落

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 久賀島集落
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 久賀島集落

⑪奈留島の江上集落
島の人里離れた海に近い谷間に移住し、地勢に適応した教会堂を建設した集落
江上天主堂(重要文化財・西洋的特徴との融合がもたらした教会堂の代表例)

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 江上天主堂
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 江上天主堂

⑫大浦天主堂(国宝)
日本の開国により来日した宣教師が1864年に建てた教会堂であり、2世紀ぶりに潜伏キリシタンと宣教師が出会い、新たな信仰の局面を迎えるきっかけとなった「信徒発見」の舞台

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 大浦天主堂02
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 大浦天主堂

[photo by wikipedia]