次の総理・総裁?小泉信次郎氏

総選挙も終わり、自民党の圧勝となったが、自民党内では早くも次の総理・総裁を狙った動きが出ている。その中で、自民党幹事長の二階俊博氏と筆頭副幹事長となった小泉信次郎氏が接近していると言われ、注目を集めている

横須賀で遊説する小泉信次郎
横須賀で遊説する小泉信次郎

 二階氏は、小泉信次郎氏を筆頭副幹事長に起用したことで強力な「カード」を握ったと言われている。

最近では、幹事長会見の際に二階氏は必ず同氏を自分の隣に立たせている。

いわば党内に自分が信次郎氏の「後見人」であるとアピールしているかのようだ。

私も当時の大平内閣の官房長官、鈴木内閣の通産大臣、中曽根内閣の自民党幹事長などを歴任した田中六助先生の秘書官などを経験したことから言えるのだが、時の権力者や派閥の親分の側近の役割を果たすことほど政治家の成長にとって重要なことはない。

「門前の小僧、習わぬ経を読む」のことわざ通り、親分の政治行動を隣に居てつぶさに見ることで、無言の経典を学ぶことができるのである。

その意味で、将来の自民党の総理・総裁候補と万人かは目されている小泉信次郎氏にとっても、現在の党内随一の実力者の側近にいることは大きな意味があるのである。
                      

北面武士