(笑) 立憲民主党 今度はセックス・スキャンダル

週刊文春にまた立憲民主党の国会議員のセックス・スキャンダルが告発された。革マル派と言われる枝野代表が指導するリベラル議員が結集する立憲民主党は、所属国会議員のセックス面まで「リベラル(自由気まま)」なのだろうか?とんだ議員集団だ

初鹿明博 From TwoBrain
初鹿明博 From TwoBrain

 今回問題を起こしたのは、同党の初鹿明博議員。

初鹿議員は、当選三回の同党中堅議員で立憲民主党の結成に参加した創立メンバー6人の一人。

いわば枝野代表の盟友である。

週刊文春誌によると、今回セクハラを告発した被害者の女性の胸を触り、みずからズボンを脱ぎ始めることにも及んだという。

さらには歌舞伎町のラブホテルに強引に連れ込もうとした。

さらには、懇親会の二次会を終えた後、タクシーに乗っていきなりキスを迫ったという。

こうした動きにフリーズ状態になった被害者に、同議員は「無言のままズボンのチャックを下ろし、彼女の顔を引き寄せた」としている。

これが国会議員のすることだろうか?

これでは完全な色キチガイではないか。

週刊文春の報道を受けて記者会見を開いた初鹿議員は、「強制ワイセツはしていない」と、この疑惑を完全否定している。
                      

北面武士

 

※2016年12月週刊新潮にも「ラブホに女性連れ込み未遂」事件で、当時所属していた民進党でも蓮舫代表に青年局長の職を辞任させられている。性欲の求道者?懲りない男?初鹿鹿明の本性を現した発言である言い訳は「みんな奥さん以外に、はけ口を求めていると思うよ」とうそぶいていたというから確信犯であり、同様のことを繰り返していることは想像に難くない。

 

※「週刊文春」引用
被害女性・佐藤陽子さん(仮名)が相談していた友人によると、事件が発生したのは2015年5月。懇親会の帰途、酔った初鹿氏はタクシーの車内で女性にキスを迫るなどし、さらには、ズボンのチャックを引き下げ、女性の顔を強引に引き寄せるなど、強制的にわいせつな行為を働いたという。

初鹿氏に聞いた。

――陽子さんに、強制的にわいせつな行為をされた?

「あ、そう? それは知らないけど。そんなこと陽子さんが言ってるの? それはだって、誤解じゃないの?」

――犯罪に当たるような案件です。

「犯罪じゃないとは思うんだけど。陽子さんと、あの、強制ではなかったと思うんだけど」

――タクシーでわいせつな行為をされたことは?

「それはあんまり覚えてないですね。う~ん、酔っ払ってたからわかんない。手はわかんない、握ったのかもしれない」

改めて、事務所に取材を申し込むと、書面で次のように回答した。

「タクシーに同乗した際にご指摘のような行為を行った記憶はございません。不快に思わせる言動があったとすれば申し訳ないと思っております。いずれにせよ、意に反したわいせつ行為をした記憶はございません」

一方、被害女性の陽子さんは、次のように回答した。

「タクシーの中でそうした行為があったのは事実です。何度も拒否をしましたが、先生も大変酔っていらっしゃったようなので……」

警察への被害届についてはこう語った。

「立場のある方ですし、当時は見送りました。ただ今回取材を受けて、重大な問題だと再認識しました。改めて提出を検討します」

 

神奈川県座間市で猟奇的殺人事件が発生

また大規模な猟奇的殺人事件が発生したようだ。まだ事件の詳細は分からないが、問題はこの犯人が自殺志願者を狙った点にある。前にも指摘したように、人間としてこの世に生まれたからには、どんなにつらくても決して自殺をすることは許されない。それが天界の掟なのだ

白石隆浩容疑者
白石隆浩容疑者

 今回は、27歳の男、白石隆浩が2か月の間に9人の男女を殺したようだ。しかもそのうち8人は女性であった。

戦後は昭和46年に大久保清という犯人が8人の女性を車で誘い、強姦した後殺害する連続殺人事件が起きているが、今回の事件はあるいは戦後最大の連続殺人事件に発展するかもしれない。

 今回の事件の特徴は、犯人がインターネットなどを活用して自殺志願者を探していた点である。

いかにもネット社会の犯罪であるが、自殺志願者が集う「自殺サイト」や、ツィッターでこれら被害者と接触していたと見られている。
もちろん、連続殺人犯の大久保清が死刑になったように白石隆浩も死刑は免れない。しかも、死後も「罰霊界」に落ち永久に苦しむことになるだろう。

 問題は、彼に殺された自殺志願者たちだ。自殺しようと思わなければ、こうした犯罪に巻き込まれることもなかった。

 人間は決して自殺してはならない。

なぜならば、霊界から人間界に生まれてくる時に、神様と約束して、今回の人生で果たすべき役割と、乗り越えるべき課題を与えられているからである。

こうした約束を果たさずに「生きてゆくのがつらい」とか「苦しい」とかで簡単に自殺してはならないのである。それはある意味罪を犯すことになるのだ。

どんな人生であろうと、「楽」で「楽しい」人生など一つもない。

お釈迦様の言うように人間には「生」「老」「病」「死」の四苦をはじめ八苦がある。

そうしたさまざまな試練を乗り越える中で魂が磨かれるのだ。
                      

北面武士