大韓航空機爆破事件から30年

乗員乗客115人を乗せた大韓航空機が1987年に爆破されたテロ事件から、ちょうど30年経つ。このほど、産経新聞が実行犯の金賢姫(キムヒョンヒ)元工作員(55)の興味深いインタビュー記事を載せている

大韓航空機爆破事件実行犯の金賢姫の若かりし頃の写真
大韓航空機爆破事件実行犯の金賢姫の若かりし頃の写真

 美人工作員として知られていた金賢姫さんも写真で見る限りそれなりの年は取っているようだ。

彼女も北朝鮮当局から人生を翻弄され、犠牲にさせられた被害者の一人であることは間違いない。

その彼女が、拉致被害者の横田めぐみさん(53)について「生きている」と強調した。

これは、彼女がめぐみさんの生存情報を確認したためである。

横田めぐみさん
横田めぐみさん

その中で、めぐみさんが韓国人の拉致被害者の夫との間に女児を出産したとの情報も耳にしている。

だが北朝鮮当局は一貫してめぐみさんの死亡を主張している。

それに関しては、めぐみさんが工作員教育に関わったことに加え、金正日一家との関係から「公開しては困る秘密を知ってしまったからだ」との見方を示した。

つまり公的には死んでいないと都合が悪いのである。

めぐみさんは、この夫と離婚し、その後は金一家の日本語教師をしていたらしい。

いずれにせよ、多くの国民を苦しめ、多くの人々の人生を狂わせ、世界平和を危機に陥れているこの「暴虐国家」の末路は哀れなものになるだろう!
                      

北面武士

過酷な国!北朝鮮の悲しい現実

北朝鮮からの木造漁船の漂着が後を絶たない。老朽化した木造漁船で冬の外海での漁をする事自体が無謀なのに、漂着した漁船にはすでに遺体となっている人も多い。過酷な国の悲しい現実

北朝鮮からの漂着した木造船 出典img.news.goo.ne.jp
北朝鮮からの漂着した木造船 出典img.news.goo.ne.jp

日本海沿岸では今月に入り、北朝鮮籍と見られる船の漂着・漂流が少なくとも15件確認されている。他にも船体の一部と見られる木片が各地で見つかっている。

こうした難破漁船が出る背景に関しては、さまざまな憶測がなされている。

その一つが、慢性的な食料不足だ。

前日、板門店で銃撃を受けた韓国に亡命した北朝鮮兵士の手術では、内臓からわずかなトウモロコシの破片しか見つからなかったということだ。

同国の栄養状態の劣悪さが証明されている。

うしたことから北朝鮮は、「冬季漁獲作戦」を展開して漁民を鼓舞している。

北朝鮮メディアは、漁を「戦闘」、漁師を「戦士」などと呼んでいる。

それでも船の老朽化もあり、遭難が後を絶たないのが現実である。

クレイジー・ファット・ボーイよ、お前以外の大半の国民は太ることなどとてもできないのである!
                      

北面武士

月面に日本人飛行士が立つ

米国人宇宙飛行士が月面に足を記して久しいが、今度は日本人飛行士も月に立てる可能性が出てきた。政府が米国と協力して月面の有人探査を目指す方針を固めたためだが、2020年代後半には日本人飛行士も月面に降り立てるかもしれない

月面
月面

政府は宇宙政策を議論する専門家の会合で近く、こうした方針をまとめた報告書案を出す予定とのことだ。

日本はこれまで、国際宇宙ステーション(ISS)に参加してきたが、ISSは24年までの運用しか決まっておらず、その後は不透明だ。

米航空宇宙局(NASA)はISS後をにらみ、新たに「深宇宙探査ゲートウェイ」構想を打ち出した。

宇宙飛行士の居住施設や燃料の補給設備などがある基地を月を回る軌道に建設し、月面有人探査の拠点や、火星に向かう際の中継地点として使うという。

ある意味、日本人の夢も期待も大きく膨らむわけだ。

もし、この夢が実現すれば、日本の子供たちには目を大きく宇宙に向けさせる契機になることだろう。

是非とも頑張って欲しいものである。
                      

北面武士

万歳三唱の日本的な収集法を良しとしろ

相撲協会が揺れている。誰が悪いのか、正しいのかも公正な判断機関が判然としない中で、曖昧模糊なままだ

不知火型の横綱白鳳土俵入り
不知火型の横綱白鳳土俵入り

 そうした中で、前日、前人未到の40度目の優勝を飾った横綱白鵬関が「場所中に水を差すようなことになったことを力士代表として相撲ファンにおわびしたい」と陳謝した。

さらには、「真実を話してうみを出しきり、日馬富士関と貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたい」と語り、自ら呼び掛けて万歳三唱で年納めの場所を締めた。

これはこれで横綱白鵬関の立派な態度だと思う。

よくもモンゴル出身の力士が、これだけ「日本的な場の納め方をしたものだと感心した。

 協会内には、「みんなが苦しんでいるのに、同席した人間が万歳三唱を促すなんて信じられない」などの声もあるようだが、このゴタゴタを納めるのに優勝した白鵬関以外に適当な人間がいるとも思われない。

 場所が終われば、誰かがこのゴタゴタを収集しなければならない。

とりあえずは、万歳三唱の日本的な収集法で問題を納めてはどうだろうか?

                      

北面武士

日本株式会社全体に劣化が蔓延

日本株式会社が劣化しはじめている

イメージ 暗い未来 不況
イメージ 暗い未来 不況

 昨年から続いている日本を代表するような大企業による不正事件が、後を絶たない。

これはどうしたことだろうか?

今度は非鉄金属大手の三菱マテリアルでの不正だ。同社の発表によれば、子会社の三菱電線工業が、15年4月から17年9月にかけて配管などのパッキンに使うゴム製品のデータを改竄して出荷した。不正はそれだけに止まらない。他に子会社二社で不正をしていた。

これらの不正事件は、「他人には容易に分からないだろう」といった安易な感覚で不正を行ったものと思われる。

だが他人に分かろうが分からなかろうが、不正は不正である。

私は、こうした安易な取り組みが、日本株式会社全体に蔓延しているのではないかということを憂える。だとすれば、いずれ日本株式会社全体を崩壊させるに至るだろうからである。

西郷隆盛は、「何事も迷っている時は、それが損か得かで判断するのでなく、正しいか間違っているかで判断せよ」と言っている。

 私たちは、今は刀こそさしていないが、精神的にはサムライであると思っている。

その意味で、若き同志のサムライたちよ

胸を張って正しく生きようではないか!
                      

北面武士

支那との歴史戦に勝ち抜こう!

シナの上海交通大学が、東京裁判に関する記念館を設置するとのことだ

上海交通大学
上海交通大学

 そもそも、東京裁判と何ら関係もない上海の交通大学なるものが、何ゆえこんな記念館を設置するいわれがあるのか、さっぱり理由が分からないが、いずれにせよシナ共産党の「反日」の意向に迎合したものだろう。

すぎる大戦で日本と戦ったのは、国民党である。共産党ではない

しかし、シナ共産党は国を上げて「反日」運動を盛り上げる必要があるのだ。というのも、仮想の敵を外部に作らなければ、うっ積している国民の不満が共産党そのものに向かってくるからだ。

 天安門広場の大虐殺は、学生たちの不満が時の共産党指導部に向けられたため発生したものであった。

の後、特に江沢民以降の指導者は日本を外部の「敵」とみなし、何でもいいから「反日」をテーマとした戦争博物館なるものを全国各地に建設するに至った。

その展示物もいい加減なものばかり。

中には福岡県の昔の炭坑堀の絵画のコピーを展示して「シナ人が日本軍からひどい環境で働かされている」などと解説したものもある。いわばフェイク博物館である。

 今回の東京裁判に関する記念館も、文献や証言の資料をシナ側の視点で展示するものと思われる。

我々は東京裁判そのものの不当性を声高に訴えると共に、こうしたフェイク博物館記念館の存在を糾弾しなければならない。
                      

北面武士

ビットコイン生みの親「謎の人物サトシ・ナカモト」

ビットコインは、誕生してまだ10年に満たないが、今や世界中で取引され、価値を保存する新たな手段として認知されるまでに成長した。ところがこのビットコインの仕組みを最初に提案した論文の筆者が日本人らしき名の人物であることを皆さんはご存知だろうか?

ビットコイン
ビットコイン

もっとも筆者の名前は日本人名ではあるが、この人の正体は不明である。その人の名はサトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto)。

一説によると、中本哲史という表記だとのこと。この正体不明の人物に関してはさまざまな憶測が出たものの、結果として皆さん自分は「サトシ・ナカモトではない」と否定している。

つまり、いまだにサトシ・ナカモトの正体は不明なのである。彼は約100万ビットコインを所有していると推測されているが、これは今年5月の相場で2000億円に相当する額だ。

果たして日本人なのか否かは別として、いまだに正体不明なリッチマンが日本人名の人物らしいことは、何とも痛快なことではないか。
                      

北面武士

北朝鮮国境の橋、支那が閉鎖 貿易制限による圧力か?

シナが北朝鮮との最重要なパイプラインである国境の橋を一時閉鎖した。表向きは補修工事がその理由だが、シナの北朝鮮に加える新たな圧力と見られている

丹東から見た中朝友誼橋(左・上流側)右は鴨緑江断橋(旧・鴨緑江橋梁)
丹東から見た中朝友誼橋(左・上流側)右は鴨緑江断橋(旧・鴨緑江橋梁)

 この橋は、シナと北朝鮮国境の鴨緑江に架かる「シナ朝友誼橋」。全長940メートルの橋の上を車道と線路が平行している。

シナと北朝鮮貿易の7割が通過するいわば両国貿易の主要ルートである。

この橋は、米国からシナへの度重なる圧力にもかかわらず閉鎖されて来なかった。

事実上北朝鮮貿易をそのままにしていた元凶だったとも言える。

それが今回閉鎖されたのは、シナの心変わりとも言える。

シナは、今月中旬、朝鮮半島の非核化を働きかけるため、北朝鮮に習主席の特使を派遣した。しかし、特使はクレイジー・ファット・ボーイの金正恩委員長との面会が許されなかった。シナ側はこれを「冷遇」と受け止め、態度を硬化させた可能性もある。

シナ航空大手のシナ国際航空も、24日から北京ー平壌間の定期便運航を一時停止することにしている。

回はシナも本気なのかもしれない。

                      

北面武士

大相撲の横綱日馬富士関の暴行問題

大相撲の横綱日馬富士関の暴行問題で、負傷した平幕貴ノ岩関の師匠にあたる貴乃花親方の言動が注目を集めている

靖国神社奉納大相撲 土俵入りする日馬富士関
靖国神社奉納大相撲 土俵入りする日馬富士関

 この問題で日本相撲協会の危機管理委員会が、同親方に貴ノ岩関の事情聴取への協力要請をしたものの、同親方はそれを拒否した。

 同親方のこうしたかたくなな態度に対する見方は多々あろうと思う。

もともと相撲協会に対しては「改革派」と見られている同親方だが、従来の「なあなあ」的な解決方法ではなく、厳正に対処する方向で警察への被害届も行ったものと思われる。

何事もそうだが、やはり「改革」を行うためには、多少の犠牲は避けては通れないのだ

同協会の八角理事長の要請を完全に拒絶した形の貴乃花親方だが、今後も頑張って欲しい。

この際、旧態依然とした相撲協会の改革も行って欲しいものだ。

オレがついているぞ!!

                      

北面武士

皇位継承を言祝ごう

どうやら今上天皇様のご譲位案が決まったようだ。安倍首相は、天皇陛下が平成31年4月30日に譲位され、皇太子さまが5月1日に即位される案を推しているという

第125代天皇 明仁 今上天皇
第125代天皇 明仁 今上天皇

安倍首相は「国民がこぞってことほぐ中、陛下のご退位と皇太子殿下のご即位がつつがなく行われるよう最善を尽くす」と話している。また安定的な皇位継承について、「男系継承が古来例外なく維持されてきたことの重みなどを踏まえながら、慎重かつ丁寧に検討を行ってゆく」 と語った。

 陛下のご譲位、ならびに皇太子殿下の即位がつつがなく行われることは、私たちを含め全国民の希望でもある。

皇位継承が伝統にのっとりつつがなく行われることを皆さんと一緒にことほごうではありませんか。
                      

北面武士