防衛省が、バ韓国との協議を打ちきる

ようやく防衛省が、ウソをつき続けているバ韓国との不毛な議論に終止符を打つようだ

大韓民国国旗 거짓말 쟁이 嘘つき民族

防衛省は、バ韓国の海軍駆逐艦による我が国の哨戒機に対するレーダー照射問題に関し、同省HPに「最終見解」を公表し、「これ以上協議を継続しても真実の究明には至らない」として協議打ちきりを宣言した。

最初からウソをついているバ韓国は、どんな証拠を突き付けてもウソをつき続けるしかないだろう。

だから、今回防衛省が韓国側の探知機の音を公開しても、理屈をつけて否定し続けるしかない。

一度ついたウソは、それを上塗りするしか自国の「体面」が保てないのである。

つまり、これ以上は「不毛な議論」というわけだ。

しかし、その反面、日本国の政府の省が「これ以上バ韓国は相手にしない」と宣言したことの意味は大きい。

このバ韓国に対する不信感、ならびに「相手にしない」としたことは、今後あらゆる局面に波及するのではないだろうか。

マァそれも自業自得なんだが…

   
     
北面武士