語る必要もないが、韓国最高裁の判決問題

韓国最高裁の徴用工問題を、日本のマスコミはさまざまに論じているが、私に言わせれば結論は最初から分かりすぎるほど分かっていた。
いわば「反日世論に添った判決」であるということだ。

大韓民国 国交断交

所詮、韓国の左翼、文在寅大統領は日本とは「未来志向の関係」など死んでも求める気はないのである。

このところの一連の問題『慰安婦像の設置、旭日旗の拒否、判決問題』は、いずれもみな関連している。バカな韓国世論を口実に、「反日政策」を極限まで求めて行こうという文在寅政権内部の左翼革命分子のなせる術と捉えねばならない。

いわば、「反日世論」をテコにして韓国を「徹底的な反日国家、そして革命国家にしてゆく」という政策であることを我々は見据えねば見誤るということだ。

これが今回の韓国最高裁の判決の真相なのである。

        
北面武士