話題の映画「華氏119度」を見る

マイケル・ムーア監督の話題の映画「華氏119度」を見に行ってきた。どちらかといえば地味な映画と思っていたが、驚くことに映画館はほぼ満席だった

やはりテーマがマスコミを毎日賑わしているトランプ大統領のことだけに人々の関心は高いようだ。

もっとも映画そのものは、トランプ大統領というよりも、トランプ大統領を生んだ現代アメリカの歪んだ民主主義にメスを入れていて興味深かった。

例えばトランプ当選の原動力となった共和党の問題な州知事。

それに反対する若者の反乱は、今後の政治の新潮流を感じさせた。

しかし、特に傑作だったのが、トランプの英語の演説をヒットラーの演説の映像と合わせた部分で「さすが映画監督だ」と思わせた。

何しろ映像とトランプの演説がぴったりなのだから(笑)。

ちなみにヒットラーはナチス党を始める前は政治の経歴はない、弁舌の才がある、などトランプとの共通点も多い。

でもヒットラーと同じになりつつあるトランプは、ブラックジョークで終わればいいのだが・・・

        
北面武士