自称慰安婦被害者を利用した元慰安婦支援団体に疑惑・・・(笑)

日本をおとしめていたバ韓国の慰安婦支援団体が、慰安婦に日本からの資金を支払っていなかったことが暴露された
反日団体の内ゲバが進行中である。

恥知らず朝鮮民族の証 駐ソウル日本大使館前に設立された慰安婦少女像

恥知らず朝鮮民族の証 駐ソウル日本大使館前に設立された慰安婦少女像

この団体は、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(通称・正義連)。
さる7日、元慰安婦のシンボル的存在だった李容朱氏が記者会見を開き、「正義連」と伊美香元代表を痛烈に批判したのだ。
李氏は「30年間正義連に騙され利用された。正義連は国民から集めた寄付金を元慰安婦のために使ったことなどない!」と告発した。
ことは当然、日本政府が支払った多額の現金の行方にも関係するし、バ韓国政府の責任にも発展する。おもしろくなってきた。
北面武士

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • seironsya

    慰安婦問題は、何一つ日本に勝てない大韓民国にとって最強のツールである。吉田清治というペテン師と国賊朝日新聞が作り上げた嘘話「従軍慰安婦」は、韓国人にとって真実か虚構かの判断など必要ではなく日本を貶める為に最高のネタなのであろう。
    今や韓国にとって慰安婦問題は絶対の正義であり、李容洙という元売春婦は聖母であり、慰安婦団体は批判など許されない聖域の存在であり批判する事は国民支持を失うことになる。
    つまり文が支配する韓半島南域では今や反共(反北朝鮮)は消滅寸前になっており、反共国家から反日国家に体質が変容しているのである。この隣国とは冷静な冷却期間が必要であり、韓国国民の自省を求め正常なる外交のできる国家となる覚醒の為、国交を断絶すべきである。                                                                                  大墓公阿弖利爲の末裔

    2020-05-20 9:42 午後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)