空虚な歴史的政治ショーに終わった米朝首脳会談

米朝首脳の政治ショーは終わった。
鳴り物入りで始まったトランプ大統領金正恩委員長との会談は終わったが、果たしてこの会談は一体なんだったのだろうか?

シンガポールのチャンギ空港に到着した金正恩国務委員長 朝鮮中央日報

シンガポールのチャンギ空港に到着した金正恩国務委員長 朝鮮中央日報

結局は北の非核化の見返りに北朝鮮の体制保証ということだけが約束されたに過ぎない。

要は、トランプ大統領にとっては中間選挙に向けた政治ショーに過ぎず、金正恩委員長にとっても経済復興をしなければ体制の維持ができないため、取り引きに応じたに過ぎない。

会談では、日本サイドが最大の懸案としている拉致被害者の問題については予想された通りゼロ回答だった。

それでも、トランプ大統領としては、会談後のつけは、日本と韓国に支払わせようという構図である。

これでは踏んだり蹴ったりではないか。会談後の拉致被害者の家族の皆さんの落胆ぶりも分かろうというものだ。

その一人、蓮池薫さんは今後、「まさに戦いと言える交渉が待ち受けており、シビアな情勢判断と戦略戦術が必要になる」と話している。まさにその通りだと思う。

北朝鮮は、日本の経済支援をこそ求めているわけで、「拉致被害者の帰国なしにはカネは一円たりとも出さない」とする断固とした日本政府の姿勢が求められる。

安倍首相、ガンバレ!

              
北面武士