稲田防衛相と蓮舫民進党代表が辞任

自民党の稲田防衛相と野党、民進党の蓮舫代表が27日、相次いで辞任に追い込まれた。この国の女性政治家にはまだ未来はないのだろうか?

ピンクのスーツを着用して富士総合火力演習を視察する稲田防衛相 防衛省ホームページ

ピンクのスーツを着用して富士総合火力演習を視察する稲田防衛相 防衛省ホームページ

谢莲舫Twitterより

谢莲舫Twitterより

両人とも、いわば日本の政界を担う人物と見られていただけに同日の辞任は極めて象徴的な出来事と言っていいだろう。

与野党の立場こそあれ、この二人に共通していることは、国会での発言の切れの悪さであった。

稲田防衛相は、自衛隊でのPKOの日報問題発言が、二転三転したことが大きい。通常はその官庁が大臣の首が飛ばないように、あの手この手を尽くすものであるが、防衛省は一体どうしたのであろうか?

あまりにもお粗末な対応である。これでは稲田氏が可哀想と言えよう。お粗末な対応ぶりに、防衛省は次官と陸幕長が辞任する異常事態であるが、それも当然という気がする。

単に野党の追及だけで大臣の首を仕留めたのであれば「大殊勲」なのかもしれないが、民進党の蓮舫代表も同時に辞任するのであれば、「おあいこ」の感を否めない。

蓮舫代表の辞任は一応は「都議選の敗北の責任を取った」ということであるが、やはりその背景には二重国籍問題がある。

マスコミにも、まだ疑惑を指摘する声もある。

蓮舫氏の代表辞任を受けて果たして誰が「火中の栗」を拾うのか?

北面武士