福岡県知事選挙を制した小川前知事の当選を祝す

保守分裂の中、福岡県知事選挙を制した小川前知事の当選を祝す

小川洋氏 福岡県庁HPより

小川洋氏 福岡県庁HPより

おそらくは自民党の推薦を獲た候補の楽勝と見られたのであろう。

現職2期目の小川知事に対して、麻生副総裁を中心とした自民党県連は、強引に厚生省出身の武内候補を擁立して「保守分裂選挙」となった。

自民党県連側は、「知事が言うことを聞かない」として対抗馬を立てたわけだが、県民の反応は全く違っていた。

何しろ開票ほどなくして「当選」が決まる圧勝だったのだから。

実際、小川知事に対する県民の評価は高かった。

世論調査を見ても8割が肯定的な評価をしている。

その点、自民党県連側はおごりがあったと言っていいだろう。

日本人の中には「判官びいき」という心情があるのだ。

あまりにも無理強いさせられたいじめられた人間の方を応援したくなる心情である。

小川知事は、どちらかと言うと地味な存在である。

私も何度かお目にかかったことがあるが、言うなれば官僚あがりの典型的なタイプだ。

その代わり、手堅い。そうした所が。麻生副総裁などに嫌われた点かも知れない。

マァいずれにせよ、小川知事3選おめでとうございます!

    
北面武士