福岡県はようやく緊急事態宣言の規制範囲内から脱却できそうである

政府は、武漢コロナウイルス対応による「特定警戒都道府県」の茨城・石川・岐阜・愛知・福岡を含む合わせて39県の解除する方針を発表した。 しかし、特定警戒地域への移動はご法度!

イメージ 武漢コロナウイルス

イメージ 武漢コロナウイルス

もっとも、日常的な生活様式に何が変わるわけでもない。変わるとしたら、気分的なことだけだろう。
それでも日本全国の39県が、緊急事態宣言の重圧から解放されるというのは大きなことではないだろうか?
毎日テレビを見ればコロナウィルスの番組ばかりだし、少しでもこの話題から解放されたいものだ。でもおかしなもので、ひまがあれば、このウィルスのことを考えている(笑)。このウィルスは、我々の生活様式を一変させるような力を持っている。その意味では、もっと真剣に取り組む必要があるだろう。
私は最近、2冊のコロナウィルス関連の本を買って、今読んでいる。

北面武士

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • seironsya

    感じるのは「支那武漢新コロナウィルス」が今後も特効薬・ワクチンが無く、感染状態が「現状のままの話」しかしていない! 「新生活様式」ありきの「話」しかしていない。今では観光立国の日本國では、国内外からの団体客は経済面からは大事な存在だと思います… 今回の支那武漢新コロナウィルスに託つけて「世の中」を変えたい意図があるように見えるのはわたくしだけでしょうか? マスゴミは不要議員や医師などに出演依頼して、國民をプロパガンダしているとしか思えない… 群馬県知事の山本一太は安倍さんにベッタリなのかな…? 一日も早く根絶してくれる事を願っております🇯🇵🙏     神州不滅

    2020-05-15 12:57 午前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)