激化する米中貿易摩擦、日系が支那から生産移管加速

米国とシナとの間の貿易摩擦が激化するにつれ、日本企業は生産拠点をシナからどんどん移動している

米国vs支那・バチバチ 国旗

米国vs支那・バチバチ 国旗

トランプ大統領の発表した対シナ制裁措置「第4弾」の対象には、スマートフォンやゲーム機、衣類など日本企業が強みを持つ消費財が多く含まれている。
工作機械メーカーの業界団体「日本工作機械工業会」によると、今年に入ってシナ向けの受注額は一年前に比べほぼ半減しているのに対し、ベトナムやブラジル向けが急増するなど「脱シナ」を伺わせているという。
というのも、生産拠点をシナから他国に転換すれば、米国の追加関税の影響額が半減するためである。
日本のメーカーにとっては、死活問題とも言えるだけに、今後ともこうした動きは増えそうだ。

北面武士