桜田義孝五輪大臣が辞任

桜田五輪担当大臣が辞任した。「失言だらけ大臣」の人間が相次いでいる。

桜田義孝 Yoshitaka Sakurada during the 10th Plenary of the Group on Earth Observations in Geneva, on 16 January 2014.

桜田義孝 Yoshitaka Sakurada during the 10th Plenary of the Group on Earth Observations in Geneva,

10日夜に高橋日奈子議員のパーティーで、「復興以上に大事なのは高橋さんだ」と発言した。

この発言が、東日本大震災からの復興を軽視したと受け取られた。

被災者の気持ちに寄り添えなかったということで、失言からわずか二時間で辞任に追い込まれた。

安倍首相も選挙を前にピリピリしているのだろう。

それでも緊張感を欠いた閣僚は無理だよね。

桜田大臣にはこれまでにも失言が何度もある。

国会の委員会での答弁で、役所が書いた答弁用紙を読むだけなのに、予算額や人名を間違える単純なミスを繰り返している。

これでは「バカ」と言われても仕方がない。
こんなアホな政治家は今後もバカな発言を繰り返すだろう。

早く更迭することに越したことはない(笑)。

 

   
北面武士

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • 神州不滅

    自民党 二階派の桜田五輪大臣には、政治家としての資質が無いようですな…⁈ そのような人を当選させたのは、國民(愚民)なのです… しかし、マスコミが面白おかしく報道して、長期安倍政権転覆を企ている反日野党と共に反日報道を連日連夜國民(愚民)を煽っている… 政治家も反日マスコミも更に資質・節操が無い…😤💢

    2019-04-11 5:27 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)