東南アジアは世界のごみ捨て場じゃない!

世界の国からゴミを受け入れてきた東南アジア諸国が、今や反乱を起こしている

イメージ ゴミを回収するためのコンテナ船

イメージ ゴミを回収するためのコンテナ船

東南アジア諸国は、一定のルールに基づいたゴミを受け入れてきた。

しかし、最近はルールが守られていないゴミが多すぎるとして、「返品」に乗り出しているのだ。
ちなみにマレーシアのヨー・ビーイン環境相は先月末、港に留め置かれていた違法ゴミのコンテナ60個を、輸入元の国々に送り返すと発表した。
この中には、電子機器、家庭ゴミ、汚染ミルクのカートンまであったという。
マレーシアは世界のゴミ捨て場になるつもりはない」と、ヨーは4月に大規模な調査が行われた時に述べている。
またフィリピンのドゥテルテ大統領も先月、カナダから送られてきた違法ゴミのコンテナ69個を返送。
受け取らなければ、カナダに宣戦の布告をする」と息巻いているとか。世界のゴミ排出国は、そのプロセスの見直しを迫られているようだ。

北面武士