日本海で進む「海の温暖化」漁業に打撃懸念・・・

豊かな水産資源を含む日本海が、地球温暖化の影響を受けて異変が起きている。魚の漁獲高にも甚大な影響が出るかもしれない

イメージ 灼熱の太陽 地球温暖化

イメージ 灼熱の太陽 地球温暖化

温暖化の影響は、さまざまな魚類に影響を与えている。

日本近海のスルメイカは近年記録的な不漁が続いているが、それも温暖化の影響らしい。

専門家の話では、「温暖化で北極の氷が溶け、一部の海域が冷えた影響があるためでは」と推測している。

反対の影響もある。

寿司ネタの代表と言える黒マグロは、近年日本海で漁獲量が増加しているのだ。

これは温暖化で産卵場が移動しているためらしい。

従来は主に東シナ海で産卵していたが、温暖化で水温が上がったため、冷たい海を求めて日本海に北上したらしい。

ただし、黒マグロは環境変動の影響を受けやすいため今後注意が必要だ。

さらに温暖化が進むと、季節風の冷たさが弱まり、表層水の冷却が不十分になって深海に酸素が供給されにくくなり、魚介類の生息域が変わったり不漁に陥ったりする危険性も指摘されている。

困ったことですが・・・

北面武士