日本のタンカーに砲撃 イラン沖、ホルムズ海峡

日本の海運会社が運航するタンカーが、ホルムズ海峡近くのイラン沖で攻撃を受けた!

ホルムズ海峡の衛星写真

ホルムズ海峡の衛星写真

13日朝、都内の海運会社「国華産業」が運航するタンカーが攻撃を受けて炎上した。
ちょうど安倍首相がイラン訪問の時期を狙ったかのような、突然のタンカー攻撃ではあるが、イラン政府は関与を否定している。
それにしてもホルムズ海峡は、日本にとってタンカーの大動脈であり、今後タンカーの航行が不能になればその痛手は大きい。
石油価格の暴騰など、国民生活にも影響が出るだろう。
今後とも安全な運航を祈りたい。
 

北面武士